エイブル・シード、セカンドライフ向けアクセス解析サービス-β版用限定アカウントを受付

よろしければこちらもご覧ください

エイブル・シードは6月18日、セカンドライフ内でのアクセス解析サービス「SLog」を8月に正式に開始すると発表。7月から稼動予定の無料β版の限定50アカウントの利用受付を開始した。

「SLog」は、センサーユニット“プローブ”を設置した場所に来た、アバター数やアバター名、滞在時間を数値化、グラフ化し、Webブラウザー上に表示するサービス。時間ごとのアバター滞在位置をマップ上に表示する機能に加え、指定アバターの行動を再生することもでき、空間の構成による人の流れと、購買に至るまでの行動を分析するツールとしての利用も可能だ。また、アクセス解析のほか、Webブラウザーから指定アバターを排除(BAN)する機能や、セカンドライフ内へインスタントメッセージ(IM)を送付する機能も提供する。

料金は、基本プランが月額3000円、年額3万円、プレミアムプランが月額5000円、年額5万円。

エイブル・シード
http://www.ableseed.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]