ユーザーのサイト上の行動履歴をセグメント化、最適な広告配信を行う新サービス

よろしければこちらもご覧ください

アイメディアドライブは2月7日、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと共同で、行動ターゲティングの新サービス「行動ターゲティング by クライアント」の提供を開始した。

行動ターゲティング(BTA)とは、Webサイト上での行動履歴情報をもとに、ユーザーをセグメント化し、そのセグメントに応じて最適な広告を配信する新しいマーケティング手法。ユーザーの興味・関心が反映さた行動履歴により、高い広告効果が期待される。

アイメディアドライブとデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの2社は、米国Revenue Science社の技術を用いて、impActネットワーク上における行動ターゲティング広告(BTA)サービスを行う「行動ターゲティング by メディア」を開発、既に2006年5月より販売している。さらに今回、ユーザーの行動履歴に基づき、最適な広告配信を行う、新サービスを追加した。

アイメディアドライブ
http://www.i-mdrive.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]