AIDMA とは 意味/解説/説明 (アイドマ) 【Attention・Interest・Desire・Memory・Action】

読み方

アイドマ

略語/フルスペル/訳語

Attention・Interest・Desire・Memory・Action

代表的な購買行動モデルのひとつ。購買行動とは、消費者が商品・サービスを知ってから購入に至るまでの一連の心理や行動をいう。消費者が広告に接してから購買に至るまでの心理的プロセスを、Attention(注意)、Interest(関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)の5ステップとしており、その頭文字をつなげて、「アイドマ」という。

1898年に発表されたマーケティングフレームワークAIDAモデルの発展形として、サミュエル・ローランド・ホールの『Retail Advertising and Selling』(1924)にて提唱されたもので、現在でも広告・マーケティング領域で基本的なモデルとして活用されている。

この記事が役に立ったらシェア!

用語「AIDMA」が使われている記事の一覧

全 4 記事中 1 ~ 4 を表示中

企業ホームページ運営の心得

誰のためのAISASか。楽天、三木谷浩史氏に学ぶ現場視察術

宮脇睦(有限会社アズモード)2007/11/21 8:000030

不動産のインターネット広告、イケてないっ。

寺西隆行【Z会】2008/10/26 20:52003
先週のWeb担まとめ記事

さとなおさんに30代マーケターがリアルな悩みをガチ相談。

注目記事は「さとなおさん+ライオン内田氏対談」「CMSの本質についてキノト生田氏が喝!」「良い文章って何?」など。
Web担編集部2018/6/18 12:00462
先週のWeb担まとめ記事

UX改善のベストプラクティス! グーグル流ログインフォームの最適化テクニック集

Web担で02/12~02/18に更新された記事を厳選してまとめて紹介。「ECサイト購買率アップのためにやっておきたい施策4選」「鹿毛氏が語るマーケティングの真髄」など。
二村茜(Web担編集部)2022/2/21 5:551190
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]