現役アーティストが書く音楽業界と新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの影響を緊急事態宣言前、そして緊急事態宣言後も顕著に受けている音楽業界(ライブハウス・コンサート)その実情を現役アーティストが書きました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

新型コロナウイルスの影響を緊急事態宣言前、そして緊急事態宣言後も顕著に受けている音楽業界(ライブハウス・コンサート)。

個々人の立場によって感じ方の違いはあるにせよ、アーティスト、特にライブハウスで活動するバンドマンは、新型コロナウイルスの影響をかなり初期に、しかも大きく受けました。

2020年2月15日に大阪京橋ライブハウスArkで感染が確認され、他にもいくつかのライブハウスでも感染が広がって、2020年2月26日には政府からエンタメイベントの開催を2週間自粛するよう要請が出されました。

それから数え切れないほどのライブ、ツアー、イベントが中止となり、先行きが見えない状況が続いています。

そんな現状について、2020年2月から全国ツアーを敢行し、新型コロナウイルスの影響により中止。その後、2020年年内の自主的屋外活動の自粛を発表した「Hecatoncheir sisters」が、新型コロナと音楽業界について書きました。

https://hornnet.me/listener/covid_200505/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]