ASP型ショッピングカートで初!カートページも独自ドメイン利用が可能に 全ページで安心感のある買い物や、より正確なアクセス解析を実現

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。


 

株式会社ロックウェーブ(本社:滋賀県大津市、代表取締役:岩波裕之)の提供するECサイト構築クラウド型プラットフォーム「aishipR(https://www.aiship.jp/)」は、aishipRをご利用のECサイトにて、ASP型のショッピングカートで初めてとなる、カート内を含む全ページ独自ドメインのご利用が可能となりました。

これによりユーザーはECサイトで独自ドメインから共用サーバへドメインを変えること無く遷移ができるようになり、違和感のないECサイトでの買い物体験を実現します。また独自ドメインによる安心感を与えることで満足度の向上につながり売上アップに寄与します。

 

またトラッキング計測やアクセス解析の手間をかけることなく正確に行えるようになるため、より効率的で効果の高いECサイト運用が可能となります。

 

さらに提供に合わせて3月31日までのお申込みでお得なSSL証明書取得割引キャンペーンも開始いたします。

 

 

■サービス連携の詳細

これまでASP型のショッピングカートなどの共用サーバでECサイトを運用している場合、ECサイトで商品をカートに入れた後に決済・住所情報入力などのカート画面へ遷移すると、そのECサイトが利用しているASPの共用のドメインに遷移するのが一般的でした。これはマイページや問い合わせフォームなどの個人情報を取り扱うページにおいても同様です。

 

これらの遷移によるドメイン変更はユーザーへの違和感を与えてしまい、買い物体験を阻害する可能性もあり、サイト離脱のリスクもございました。

 

さらに現在多くの方が利用中のiPhoneに搭載されているSafariブラウザではプライバシー保護の観点からITP(※)を実装しており、独自ドメインから共用サーバへの遷移でドメインが切り替わること(クロスドメイン)で、アクセス解析ツールや広告の正確なデータの取得が困難になりつつあります。

 

具体的には以下のような問題が発生しています。

・Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールによる計測が正確に行えない

・Googleショッピングなどweb広告サービスのコンバージョン数計測が正確に行えない

 

上記問題の解決方法としてはクロスドメイントラッキング等の対応が必要ですが、アクセス解析ソフト等種々の設定や専門的な知識が必要となり根本的な解決がなされていません。

 

今回の「全ページ独自ドメイン利用」では、独自ドメインから共用サーバへ遷移したとしても、遷移前と同じ独自ドメインを利用することが可能となります。

 

(※)ITPとは・・・

ユーザーのプライバシー保護のために3rd Party Cookieの働きを抑制するもので、ITP機能によりユーザーが承諾していないトラッキングや、ユーザーデータの使用などを防ぐことができます。

ユーザー側では、今まで不快に思っていたトラッキングから開放されたり、ユーザーデータを勝手に使われることを防いだりと、プライバシーを保護してくれる良い影響がありますが、リマーケティング広告の配信が制限されたり、Cookieを使った広告の効果測定が難しくなる事業者側のデメリットもあります。

 

 

■今回の全ページ独自ドメイン利用によるメリット

 

・お客様のユーザー体験が向上し満足度を高める

 

ECサイトのTOPページからカートを経て注文完了ページまで全ページ同じ独自ドメインで運用されることで、ユーザーはサイトの一貫性・信頼性をより感じられるようになり、ユーザー体験を向上させ満足度アップにつながり、売上の向上を期待できます。

 

・アクセスやコンバージョンの正確な計測が可能となりより効果の高いECサイト運用を実現できる

 

独自ドメインから共用サーバへ遷移した場合でも同じ独自ドメインで遷移が行われるため、ITPが実装されている端末でも、アクセス解析を正確に行ったり、コンバージョンの正確な計測を実現します。これにより手間を掛けることなく効率的なECサイト運用が可能となります。

 

・サイトの運用がシンプルになる

 

ページ内にリンクを設置する場合も、これまでASPの共用サーバで利用しているドメインで記述していたコードが独自ドメインのみの管理となり、サイト運用がシンプルになります。また記載ミスによるリンク切れなどのリスクも軽減することができます。

 

 

■ご利用料金

 

0円(標準機能としてご利用いただけます)

※常時SSL利用(セコム社のOV認証・EV認証)のオプション利用(初期費用と月額料金が別途発生)が必要となります。

 

現在ご利用中の証明書に有効期限が残っている場合、利用中の証明書を確認できれば、その有効期限に調整した証明書を発行いたします。証明書の有効期限を無駄にすることなく、新しい証明書を利用可能です。

 

 

■SSL証明書取得キャンペーンのお知らせ

 

より多くのEC事業者様に全ページ独自ドメインをご利用いただけるよう、

SSL証明書取得費用(セコムパスポート for Web SR3.0)のキャンペーンを実施します。

 

通常料金:55,000円/年

キャンペーン特別価格:36,000円/年

 

※2020年3月31日までのお申し込みに限ります。

※2年目以降は通常料金55,000円/年となります。

 

この機会に是非全ページ独自ドメイン利用をご活用ください。

 

 

 

■レスポンシブECサイト構築ASP「aishipR(アイシップアール)」とは

Googleが推奨するレスポンシブWebデザインのECサイト構築が実現できるクラウド型のショッピングカートASPです。スマホ/タブレット/PCに完全に一元対応し、GoogleのモバイルフレンドリーアップデートやSEOに最適で、自由にデザインやコーディングができるため、思い通りのデザインのECサイト構築が可能な次世代ECプラットフォームです。

レスポンシブ専用のECプラットフォーム「aishipR」では、今後もECサイト運営者様への集客、売上拡大を目指し、サービス品質強化のための弛まぬ取り組みを続け、システム改良や優良なサービスへの対応を進めてまいります。

 

■会社概要

株式会社ロックウェーブ

本社  : 滋賀県大津市におの浜4-7-5 オプテックスビル5F

代表  : 代表取締役 岩波 裕之

事業内容:ECサイト構築プラットフォームの開発提供

URL   : https://www.aiship.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]