よくあるWeb担当者の悩みとその解決法

会社のWebサイトの成果が思うように出なかったり、Webサイトにかけるコストが掛かり過ぎていると感じたりすることはありませんか?
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。
Web制作研修のススメ - よくあるWeb担当者の悩みとその解決法

会社のWebサイトの成果が思うように出なかったり、Webサイトにかけるコストが掛かり過ぎていると感じたりすることはありませんか?今回はWeb制作担当者のよくある悩みから、今後どのようなWeb制作研修を社内で実践したほうが良いか、おすすめのWeb制作研修をご紹介いたします。

よくあるWeb担当者の悩み

記事の更新に手間や費用がかかる

この悩みはWebサイトの記事をWeb制作会社に外注している担当者の方に多く見られる悩みです。確かにWeb制作会社には、どのような施策をすれば効率よく集客ができるかなどのノウハウが備わっており、外注をすれば業務の負担を大幅に軽減することができます。 しかし、Webサイトを外注する場合、運用・管理もWeb制作会社に委託している企業が多く、その場合ランニングコストがかかってしまいます。また、わずかなテキストの更新であってもWeb制作会社を通さないといけないため時間がかかってしまいます。他にも何らかのトラブルなどが起こった場合、すぐには対応できない可能性が多くあります。Webサイトの記事を外注している場合でも、Webサイトの仕組みなどを学び、簡単な修正作業などは自社でもできるように体制を整えておくのがよいでしょう。Webサイトについての専門知識があれば、Web制作会社に外注する場合でも、制作の要望を適切に伝え、正確なディレクションができるようになります。

サイトのアクセス数がなかなか伸びない

アクセス数を伸ばす対策の一つとして「SEO (Search Engine Optimization )= 検索エンジン最適化」があります。SEOとは、検索エンジンであるキーワードを検索した時に自身のWebサイトが上位に表示されるように対策することです。
2017年、アメリカにあるInternet Marketing Ninjas社がGoogleの検索順位別クリック率を調査しました。その結果、検索一位の記事は21.12%というクリック率に対して、検索2位になると10.65%と1位の半分までにクリック率は減り、10位にもなると1.64%と13分の一にまで減ってしまうということが分かりました。そのため、サイトのアクセス数を伸ばすためにはSEOで上位になるように対策することがとても大切になってきます。

参考

コンバージョンが少ない

コンバージョンとは、Webサイトに訪れたユーザーが、商品を買ったり、来店予約をしたりするなど、そのWebサイトにとっての成果をあげることです。このコンバージョンが高いほど成果を上げているWebサイトと言えます。
コンバージョンを高めるためには、ターゲットと目的をはっきりさせなければなりません。ターゲット層と目的がしっかりしていれば、Webサイトの方向性をどうするべきか、コンテンツもどのようなものが必要なのかが明確になります。目的がしっかりと決められていなければ、アクセス数が多くてもコンバージョン率の低いサイトになってしまいます。ターゲット層に魅力的だと思ってもらえるようなWebサイト作りが大切になってくるのです。

続きは以下のページでご覧いただけます。

https://www.internetacademy.jp/it/design/web-design/web_content_creation...

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]