マーケティングオートメーションの歴史や成り立ち

マーケティング担当者必見のMA無料資料
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

最初のマーケティングオートメーションは、1992年に誕生しました。そして市場が成長し始めたのは2000年代の後半でした。マーケティングオートメーションの市場規模は、2000年代の後半のたった5年で2億2500万ドルから16億5000万へ拡大しました。

初期のマーケティングオートメーションは主にEメールの機能を中心としたツールでしたが、2016年現在のマーケティングオートメーションは比べ物にならないほど進化しました。顧客の行動に基いたEメール、テキストメッセージ、ダイレクトメール、ソーシャルメディアにてコミュニケーションを行うため、アメリカン・エキスプレスやインテル、Linkedinなどの大手企業も、もちろんですが中小企業でさえもマーケティングオートメーションツールを活用する時代になっています。

国内においてもマーケティングオートメーションという言葉がよく使われるようになってきていますが、このマーケティングオートメーション産業が、どのように発展したのか?いつ始まったのか?と疑問に思われていることでしょう。

本資料では、マーケティングオートメーションの進化と歴史をご紹介します。

今すぐ資料を無料でダウンロードする

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]