マーケティングオートメーションの歴史や成り立ち

マーケティング担当者必見のMA無料資料

最初のマーケティングオートメーションは、1992年に誕生しました。そして市場が成長し始めたのは2000年代の後半でした。マーケティングオートメーションの市場規模は、2000年代の後半のたった5年で2億2500万ドルから16億5000万へ拡大しました。

初期のマーケティングオートメーションは主にEメールの機能を中心としたツールでしたが、2016年現在のマーケティングオートメーションは比べ物にならないほど進化しました。顧客の行動に基いたEメール、テキストメッセージ、ダイレクトメール、ソーシャルメディアにてコミュニケーションを行うため、アメリカン・エキスプレスやインテル、Linkedinなどの大手企業も、もちろんですが中小企業でさえもマーケティングオートメーションツールを活用する時代になっています。

国内においてもマーケティングオートメーションという言葉がよく使われるようになってきていますが、このマーケティングオートメーション産業が、どのように発展したのか?いつ始まったのか?と疑問に思われていることでしょう。

本資料では、マーケティングオートメーションの進化と歴史をご紹介します。

今すぐ資料を無料でダウンロードする

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]