SWsoftがHP ProLiantパートナープログラムに参加

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

仮想化ソフトウェアがサーバ使用率向上を支援

(米国報道発表資料抄訳- 2007年3月13日)

米国バージニア州ハーンドン発、2007年3月12日、 SWsoft, Inc.(以下SWsoft)は、HP ProLiantパートナープログラムに参加したことを本日発表しました。これにより、受賞暦のあるSWsoft Virtuozzo(バーチュオッゾ)サーバ仮想化ソフトウェアとHP ProLiantサーバは顧客のITインフラストラクチャの最適化を支援します。

両社は、HP ProLiantサーバにおけるVirtuozzo OS仮想化ソフトウェアの動作確認を完了しました。LinuxもしくはWindowsの複数サーバを一つの物理サーバに統合することが可能な仮想環境を構築するソリューションは、使用率の向上とサーバリソースのより一層の活用を可能にします。

Virtuozzoは複数のLinuxディストリビューションおよびMicrosoft Windows Server 2003に対応しており、x86、x86-64、およびItaniumプロセッサのHP ProLiantおよびIntegrityプラットフォームにて稼動します。

SWsoftの最高経営責任者(CEO)であるSerguei Beloussov(セルゲイ・ベローゾフ)は次のように述べています。
「HPとのコラボレーションにより、非常にスケーラブルで管理性の高い我々のOS仮想化ソフトウェアと高性能なHPサーバの組み合わせが実現しました。これにより、顧客のサーバ使用率向上とROI改善を支援します。中小規模のProLiantサーバからミッション・クリティカルな運用のためのHP Integrity SMPシステムに至るまで、VirtuozzoソフトウェアはHPシステムにとって理想的なソリューションです。」

HPのインフラストラクチャ・ソリューション、テクニカル・ソリューション・グループのディレクターである、Carl DCosta(カール・ディコスタ)氏は次のように述べています。
「HP ProLiantサーバのポートフォリオにおいて認証済みであるSWsoftのVirtuzzoによって、顧客は、変化するビジネスニーズに迅速に対応するためのサーバ変更やプロビジョンを可能にする仮想化技術のより幅広い選択枠を持つことができます。」

仮想化の性能と管理性
SWsoftのVirtuozzoは、単一のWindows OSインスタンスを動的に複数の高効率な仮想環境(VE)に分割することが可能です。Virtuozzoは単一の物理サーバ上に数百もの仮想環境を作成することが可能です。

仮想マシンやハイパーバイザーと異なり、Virtuozzoは、現在のデータセンターが直面しているOSの無秩序な拡散(スプロール)現象の課題に取り組みます。Vituozzoのユニークなアーキテクチャーと豊富な管理ツールは、仮想サーバリソースのプロビジョニングをはじめ、監視や管理などにおける理想的なソリューションです。

SWsoftについて
SWsoftはサーバ仮想化と自動化ソフトウェアにおけるグローバルリーダーです。10,000 社を超える顧客がSWsoft製品の実証されたパフォーマンスと管理機能を利用してIT インフラストラクチャを最適化しています。1999年設立のSWsoftは、北米、欧州、アジアの全域に事業所があります。SWsoftに関する詳しい情 報は、Tel: 03-3544-6913 もしくは、www.swsoft.com/jpをご覧ください。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]