IBM コンサルティングが発足

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2021年10月14日(木)
日本IBM

[ニューヨーク – 2021年10月13日(現地時間)]
デジタル・トランスフォーメーションが深化し広く浸透する中、世界のあらゆる組織がビジネス・モデル、働き方および戦略的プラットフォームやテクノロジーを活用して再構築しようとしています。デジタルとビジネス双方の変革を推進するビジネス・リーダーは、より速くイノベーションを起こし、プロセスの迅速化と見直しを行い、新しいテクノロジーを創造的に展開し、成果の実現を加速させなければなりません。広範かつ複雑な変革への道のりを共創し、共に推進・運用するパートナーの見極めが急務となっています。

そうした前向きな変化を大規模に実現するため、IBMが協業するお客様は時代に即した事業経営を目指しておられ、現在のリスクとチャンスをふまえながら変化を推進するために、オープンかつ責任を持って協業するコンサルティング・サービスのパートナーを必要としています。

新時代のビジネスのための新しいパートナーとして

マネージド・インフラストラクチャー事業を分社化しKyndryl(キンドリル)の発足を機に、私たちは、提供するサービスがお客様の課題解決のために最善なものとなっているか、改めて向き合い検討を重ねました。そして、私たちの目指す姿をより明確に体現するために、この度、サービス事業を新たなブランド 「IBM Consulting (日本語名称、IBMコンサルティング)」 とすることを発表しました。

「IBM Consulting」 という名称には、お客様のために尽力するチームの思いが込められています。全世界で14万人を超えるコンサルタントやテクノロジーの専門家が、卓越したスキルや熱意を持って日々お客様に寄り添い、ビジネス上の難しい課題の解決に、共に取り組んでいます。

新ブランド「IBM Consulting」 の発表に際し、真の共創パートナーとしての役割を果たしながら迅速にビジネス価値を実現するため、私たちのコミットメントを反映した新たな価値観「Accelerate Together」を軸に、チーム、オファリング、企業文化が注力する領域を再定義しました。具体的には、IBMコンサルティングが持つ幅広いケイパビリティーを活用いただきやすくするため、私たちが注力し差別化する領域を、シンプルに「ストラテジー」、「エクスペリエンス」、「テクノロジー」、「オペレーションズ」の4つとしました。

IBMコンサルティングの戦略とブランドとしての注力領域は、IBMの戦略であるハイブリッドクラウド、AIおよびエコシステムの拡大と連携しています。企業が必要とする、インテリジェント・ワークフロー構築とハイブリッドクラウド環境でのアプリケーション・モダナイゼーションにお客様と共に取り組み、テクノロジーの適用を通じて真のイノベーションを推進します。

110年以上にわたりテクノロジーを生み出し、ビジネスや業界の変革に適用してきたIBMの実績をもとに、IBMコンサルティングは、新たな時代をお客様と共に歩むためのパートナーシップをより強化します。研究開発部門であるIBM ResearchやIBMのハイブリッドクラウド・プラットフォーム、AI、自動化ソフトウェアを始めとする、かつてないイノベーションとテクノロジーを最大限活用してお客様の変革をご支援します。

IBMコンサルティングは業界の専門家として、エンタープライズ・エッジで5GやAIソリューションを活用してコミュニケーションの未来を新たに考案するVerizon( https://newsroom.ibm.com/2020-07-16-IBM-and-Verizon-Business-to-Collaborate-on-5G-and-AI-Solutions-at-the-Enterprise-Edge )や、農場および耕作地データ用プラットフォームを構築してサステナブルな食料生産に取り組むYara( https://newsroom.ibm.com/2020-01-23-Yara-and-IBM-launch-an-open-collaboration-for-farm-and-field-data-to-advance-sustainable-food-production )と協働しています。また、ハイブリッドクラウドのアーキテクトとして、デルタ航空( https://newsroom.ibm.com/2021-02-18-Delta-Air-Lines-Taps-IBM-for-Cloud-Expertise-and-Red-Hat-Hybrid-Cloud-Platform )などのお客様のアプリケーション・モダナイゼーション と、俊敏性と市場展開スピードの向上を支援しています。さらに、AIエキスパートやデータサイエンティストとして、カスタマー・エクスペリエンスやメンバー・エクスペリエンスを変革するCVS( https://newsroom.ibm.com/2021-05-11-IBM-Announces-Breakthrough-Hybrid-Cloud-and-AI-Capabilities-to-Accelerate-Digital-Transformation-at-2021-Think-Conference )、Anthem( https://www.ibm.com/case-studies/anthem )などのお客様とも協業するなど、さまざまな領域の専門家が手がけた実績が多数あります。

「IBM Consulting」はIBMの一員として、お客様とエコシステム・パートナーが抱える最も重要な課題解決のために共創し、それに値する信頼、素質、創造力を備えていると自負しています。卓越したケイパビリティーと創造力を持つ多様な領域の専門家が、お客様と社会の課題を解決し、明るい未来を共に築いていきます。

以上

当資料は、2021年10月13日(現地時間)にIBM Newsroomに掲載したマーク・フォスターのブログ「Meet IBM Consulting」の抄訳です。原文は下記URLを参照ください。
https://newsroom.ibm.com/Meet-IBM-Consulting
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]