ステータスメッセージ

このフォームは閉じられました。

サイバー犯罪のリスクを学ぶ 『3分ハッキング サイバー攻撃から身を守る知識』を3名様にプレゼント!

【申込は9/11まで】10歳でも3分で分かる、ハッキングとそのリスクとは? 『3分ハッキング サイバー攻撃から身を守る知識』を3名様にプレゼントします。
10歳でも3分で分かる! ハッキングとそのリスクとは
  • 著者:足立 照嘉
  • 価格:1,760円(税込)
  • ページ数:184ページ
  • 出版社:かんき出版
  • ISBN:9784761275037

「ハッカー」「ハッキング」というと、自分とは無縁なことだと思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、在宅勤務が増えている現在、テレワークのPCは遠隔操作、身代金の要求、ログイン情報やファイルの窃取といったあらゆる危険に晒されています。

本書では、そうしたハッキング手法とサイバーリスクへの考え方を物語形式で解説。ビジネスメール詐欺被害にあった、子どもがSNSでいつの間にか加害者になっている……なんてことがあってはもう遅い。「ハッカー=パーカーのフードを被っている」イメージは塗り替えて、身近に潜むハッキングの危険から身を守りましょう。

【この本を読んでほしい人】
  • 自分・自社はサイバー犯罪と無縁だと思っている人
  • 子どもにインターネット・SNSを使わせている親御さん
  • テレワーク環境で働いているビジネスパーソン
  • メールやウェブなどを使用している会社の経営者

目次

  • はじめに イントロダクション ハッカー、ハッキングについて教えてください!
  • 第1章 「3分ハッキング」という依頼
  • 第2章 Webアプリケーションの脆弱性を診断する
  • 第3章 ビジネス詐欺メールにご用心
  • 第4章 WordPressの脆弱性をスキャンする【仮想マシン】
  • 第5章 WordPressの脆弱性をスキャンする【本番】
  • 第6章 パスワードを「総当たり」で特定する
  • 第7章 暗号化通信をスキャンする
  • 第8章 パスワード設定に問題がないかを調べる
  • 第9章 パスワードを知らなくともログインできる!?
  • 第10章 悪意を注入!?
  • 第11章 Microsoft Officeの脆弱性を狙って遠隔操作を行う
  • 第12章 電源を落としたコンピュータであっても感染する
  • 第13章 SNSにイタズラ投稿もできてしまう!? 第14章 サイバーリスクへの考え方

プレゼント応募要項

  • 応募締切:2020年9月11日(金)23:59
  • 当選者数:3名様
  • 応募方法:下記応募フォームに必要事項をご記入して応募をお願いします。当選者の発表はプレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

プライバシーポリシーに関する情報はこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!

Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]