ステータスメッセージ

このフォームは閉じられました。

モノが売れる顧客体験を作り出す『顧客体験マーケティング 顧客の変化を読み解いて「売れる」を再現する』を3名様にプレゼント!

【申込は9/4まで】天才でなくても「売れる商品」は作れる! 『顧客体験マーケティング 顧客の変化を読み解いて「売れる」を再現する』を3名様にプレゼントします。
天才でなくても「売れる商品」は作れる!
  • 著者:村山 幹朗、芹澤 連
  • 価格:1,800円+税
  • ページ数:272ページ
  • 出版社:インプレス
  • ISBN:9784295009825

顧客視点、カスタマーファースト、カスタマージャーニー。顧客が大事というけれど、いざ実践するとなるとどうしたらいいか分からない。そう悩んだことはありませんか。

本書では、100以上のブランドで5,000件以上の顧客体験を分析してきた著者が、商品やサービスが顧客に受け入れられるプロセスを見える化。1人の顧客を深く理解し、次に打つべき企画やアイデアを生み出す方法を解説します。

顧客体験をデータとして捉える仕組みに基づいて、「売れる」を作る。顧客中心マーケティングの実践方法を体系的に解説した初の書籍です。

【こんな人(企業)におすすめです】
  • 顧客理解の必要性を感じているが、どう始めていいのか困っている人
  • 顧客中心のマーケティングが必要だと感じているが、実践手順がつかめていない人
  • 「顧客の声を聞いているのに、売上や成果に結びつかない」と悩んでいる人
  • データに基づく科学的な施策作りを行いたいと考えている人
  • 実務で戦略立案や施策企画、製品開発に取り組んでいる人

また、筆者の村山氏と芹澤氏から次のようなコメントをもらいました。

本著は、正しく顧客を理解する手引きとして、誰でも役立てられるように執筆しました。もし1~3年程度のマーケティング実務経験があれば、より実務で取り組みやすいと思いますので、ぜひお手に取りご活用頂けますと幸いです。

村山幹朗・芹澤連

目次

  • はじめに
  • 序章 顧客体験を「設計」するために
  • 第1章 ブランドが「価値」として成立するプロセス
  • 第2章 ナラティブによる顧客体験の観察とデータ化
  • 第3章 顧客のナラティブからストーリーを生み出す 
  • 第4章 実験で最適なストーリーを選ぶ
  • 第5章 体験価値を算定して次の施策を生み出す
  • おわりに
  • 参考文献

プレゼント応募要項

  • 応募締切:2020年9月4日(金)23:59
  • 当選者数:3名様
  • 応募方法:下記応募フォームに必要事項をご記入して応募をお願いします。当選者の発表はプレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

プライバシーポリシーに関する情報はこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!

Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]