オーリック・システムズがWeb解析ソフトに解析用ユーザーインターフェイスを搭載

解析結果をより効率的に活用できるインターフェイスを搭載してレポート機能を改善
よろしければこちらもご覧ください

アクセス解析のオーリック・システムズは、パケットキャプチャ型リアルタイムWeb解析ソフト「RTmetrics(RTメトリックス)」に、解析結果を直感的に活用できる最新の解析用ユーザインタフェース「RUI」を搭載して提供開始した、と5月29日に発表した。デザインを一新したというRUIは、解析結果の集計・レポート機能を追加・改善。部門や担当別に必要なレポートで画面構成できるダッシュボード機能を実現した。

RTmetricsはアクセスデータをキャプチャして収集・保存してリアルタイムで解析、さらに詳細データも保存・解析するソフト。RUIは、これらの解析レポート機能をより活用できる役割を果たす。現在、同ソフトを保守契約しているユーザーは無償でアップグレード可能。APIライセンスを保有しないユーザーは別途ライセンスの購入が必要。

オーリック・システムズ
http://www.auriq.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]