ビジョナリー、モバイルコマースサイトの構築、運営代行業務の無料サポートを開始

よろしければこちらもご覧ください

モバイルドロップシッピング事業を展開するビジョナリーは1月10日、モバイルメディア運営企業に対するモバイルコマースサイトの構築、および運営代行業務の無料サポートを開始した。

同サービスは、同社が展開する携帯電話(i-mode、au、Yahoo!ケータイに対応)向けのドロップシッピングサービス「Drops(ドロップス)」により実現。

ドロップシッピングとは、商品の供給者が販売者に代わって商品を消費者に直送する仕組みで、販売者が在庫を抱えることなく、インターネット上でショップを運営することができるサービス。同社のサービス「Drops」により、モバイルメディア運営企業は、3キャリアに対応したモバイルショップを無料で開設することが可でき、在庫を抱えることなく、煩雑な商品発送・決済業務などを行う必要もないため、手軽にモバイルコマース事業へ参入できるようになる。

同社では、モバイルメディア運営企業に対して、メディアの特徴やユーザー属性を分析して、売上げにつながりやすい効果的なモバイルコマースサイト構築のサポートサービスを無料で提供する。また、運営面では、モバイルコマースサイトで取り扱う商品の選別や販売価格や商品説明などマーチャンダイジングやマーケティング業務のサポートや運営ノウハウなども無料で提供していく予定。

Dropsドロップシッパー会員登録申請ページ
https://drps.jp/shipper/regist.php

ビジョナリー
http://www.visionary.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]