ヘッドレスCMS入門ガイド―マルチチャネルのCX向上と業務負荷を軽減する新しいCMSとは

企業が対応する顧客接点は多様化しつづけており、対応するためのシステムは複雑化していく。こうした状況の中でも良い顧客体験を提供し、業務負荷を軽減するのが「ヘッドレスCMS」だ。
[Sponsored]

Web担当者であるあなたは、どんどん仕事が大変になってきていると感じていないだろうか。

スマホとPC向けのWebサイトに加え、iOSとAndroidのスマホアプリ、さらにソーシャルメディアにメール――企業が対応する顧客接点(コンタクトポイント)は多様化し続けており、それに対応するためのシステムは複雑化していく。もちろん情報は正しく適切に届ける必要があるため、Web担当者の業務負荷は増えるいっぽうだ。

こうした状況でも良い顧客体験を提供し、業務負荷を軽減する手法に注目が集まってきている――それが「ヘッドレスCMS」だ。

ヘッドレスCMSでは、「コンテンツ管理」と「コンテンツ表示」を別システムにすることによって、マルチチャネルへのコンテンツ配信に対応しやすくなるほか、フロントエンド開発を別チームに任せられる、セキュリティを確保できる、リニューアルやシステム更新の自由度、他システムからのデータ連携など、多数のメリットが得られることになる。

本ホワイトペーパーでは、「ヘッドレスCMS」という新潮流について概要やメリット・デメリットを詳しく解説するほか、注目のヘッドレスCMSソリューションをピックアップし、詳しく解説している。

  • 新潮流の「ヘッドレスCMS」について詳しく知りたい
  • マルチチャネルへのコンテンツ配信を効率的に行いたい
  • デジタルマーケにおけるCX向上と業務負荷軽減を同時に行いたい

こうした企業には、ぜひご一読いただきたい内容だ。

ホワイトペーパーダウンロードはこちら

ヘッドレスCMS入門ガイド
マルチチャネルのCX向上と業務負荷を軽減する新しいCMS

本ホワイトペーパーでは、ヘッドレスCMSという新潮流の概要やメリット・デメリットを解説しています。全14ページ、10分程度でお読みいただけます。

ヘッドレスCMS入門ガイド
ホワイトペーパーの掲載内容
  • CMS新時代――時代の変化に対応して進化した新しいCMSの役割
    • 現代コンテンツ管理の課題はマルチチャネルにあり
    • 既存CMSと役割分担を切り分けた「ヘッドレスCMS」
    • Webサイトなどでの表示は別プログラムで
    • ヘッドレスCMSを使うメリット・デメリット
    • マルチチャネルでのエクスペリエンス改善
  • 【ソリューションピックアップ】
ホワイトペーパーのダウンロード
[Sponsored]
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

HCD
「Human-Centred Design」(人間中心設計)の略称。機械やシステ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]