Criteoによるビジネス領域拡大に向けた取り組み、Criteo SMB(Small and Medium Business)Project にフィードフォースが参加します~3代理店のみの限定参加

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2021年10月22日(金)
株式会社フィードフォース
本実証実験では、例外的にユニークユーザー数 4万未満のWebサイトへのCriteoの広告出稿を認め、その広告効果を図ることを目的としています。

2021年10月15日、株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、CRITEO 株式会社(クリテオ、本社:フランス、日本代表取締役:グレース・フロム、以下 Criteo)が新たに開始する実証実験「Criteo SMB(Small and Medium Business)Project」に参加することをお知らせいたします。 本実証実験は、参加代理店を広く公募せず、Criteoのプロダクトに精通し優れた運用実績を挙げている「Criteo Expert」が在籍する3代理店に参加が限定されています。 この実証実験に先立ち、すでにフィードフォースでは一部SMB領域の事業者様の広告出稿を開始しており、一定の効果をあげております。




本プレスリリースの詳細はこちら

https://feedmatic.net/news/criteo-smb-project-20211022/


Criteo SMB(Small and Medium Business)Projectとは

Criteo SMB(Small and Medium Business)Projectとは、ページ流入数の比較的少ないサイトへの広告配信を行う実証実験で、Criteoがビジネス領域拡大に向けた取り組みの一環として開始しました。

https://www.criteo.com/jp/blog/criteo-expert-%e3%81%a8-criteo-smb%e3%80%80project%e3%80%81%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%ef%bc%81/

通常Criteoでは、「月間ユニークユーザー数が 4 万以上であること」という掲載可否基準が設けられています。またキャンペーン設計の品質および広告効果を担保するために、Criteoによるタグやデータフィード実装の確認がなされ、問題ない場合のみ広告が配信されます。

今回の実証実験「Criteo SMB Project」では、例外的にユニークユーザー数 4万未満のWebサイトへの広告出稿を認め、その広告効果を図ることを目的としています。

また本実証実験では、タグ、データフィード実装を含む一連の広告配信準備を代理店が行います。そのためCriteoのプロダクトに精通し、優れた運用実績を挙げている「Criteo Expert」が在籍する 3 代理店のみの限定参加となっております。

株式会社フィードフォース(Criteo Expert 北島 舞)
Septeni Japan株式会社(Criteo Expert 余川 大介)
ソウルドアウト株式会社(Criteo Expert 小野 友嘉)



今後の展望

フィードフォースは、コンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」を通して、データフィード最適化やタグ実装に関する専門的な知見や技術を活かし多くのCriteo運用実績を有しています。

今後も更なるCriteoとの連携強化を進め、本実証実験を通して、SMB領域の事業者様におけるCriteo広告活用ご支援に寄与してまいります。

サービスサイト:https://feedmatic.net/
Criteo運用について:https://feedmatic.net/service/criteo/


関連リリース


https://feedmatic.net/news/20210212_criteo-expert/
https://feedmatic.net/news/criteo-tech-partner-20210414/



◆コンサルティング型広告代理事業「Feedmatic」について

「Feedmatic」は、フィードフォースが各種アドテクノロジーサービスを開発してきた技術的な強みを活かし、機械学習による効果最大化を前提とした広告運用の企画、設計、運用を行う広告代理店です。
EC・人材・不動産・旅行業界といった大量のデータを活用する業界を得意とし、主にダイナミック広告/データフィード広告を中心に、広告運用及び企業内でのインハウスの広告運用支援を行っています。

サービスサイト:https://feedmatic.net/
Criteo運用について:https://feedmatic.net/service/criteo/

【株式会社フィードフォース 会社概要】
株式会社フィードフォースは、データフィード・構造化データ・ID連携といったテクノロジーを駆使したマーケティング支援サービスを開発・提供しています。当社は 2019年7月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場しました。今後も、「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ というミッションのもとB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]