ステータスメッセージ

このフォームは閉じられました。

意思決定に直結するレポート作成術を解説『Googleデータポータルによるレポート作成の教科書』を3名様にプレゼント!

【申込は4/30まで】 次のアクションにつなげるためのレポート作成法を解説『Googleデータポータルによるレポート作成の教科書』を3名様にプレゼントします。
良いレポートとは?BIツールを有効活用しよう
  • 著者:安田 渉 他
  • 価格:3179円(税込)
  • ページ数:320ページ
  • 出版社:マイナビ出版
  • ISBN:4839975736

GoogleデータポータルやBIツールという言葉を聞いたことはあるものの、利用を躊躇している方は多いでしょう。しかし、これらはデータ解析の担当者にとって、有用なツールです。

本書では、そういった各種ツールやデータベースの使い方を一から解説しています。また、ツールを使ってレポートを作成する際、どうすれば意思決定(次のアクション)につながるレポートが書けるのかといったことも分かりやすく書かれています。

【この本を読んでほしい人】

  • データポータルやBIツールの利用法を知りたい方
  • 意思決定につながるレポートを書けるようになりたい方
  • マーケティング初心者から中級者の方

 

 

目次

  • Chapter1 これからのウェブ解析レポートとは
  • 1-1 ウェブ解析で実現すべきこととは
  • 1-2 自分なりのKPIを作り出す
  • 1-3 ビジュアライゼーションで、直感的にわかりやすく
  • Chapter2 Google データポータルの使い方
  • 2-1 Google データポータルとは
  • 2-2 Google データポータルの基本的な使い方
  • 2-3 Google アナリティクスと接続して使う
  • 2-4 Google広告と接続して使う
  • 2-5 Google Search Consoleと接続して使う
  • 2-6 YouTube アナリティクスと接続して使う
  • 2-7 その他のデータソースと接続して使う
  • Chapter3 解析の実務
  • 3-1 「解析」とは何をするものか
  • 3-2 ウェブ解析の目的
  • 3-3 改善のヒントを得るための解析に必要な3つの観点
  • 3-4 KPI作成のポイント
  • Chapter4 レポート作成の実践
  • 4-1 よいレポートとは
  • 4-2 レポートを準備する
  • 4-3 レポートの構成を決める
  • 4-4 コンテンツを作る
  • 4-5 レポートを伝える
  • Chapter5 ビジュアライズの重要性
  • 5-1 言いたいことが決まれば、選ぶべきグラフも決まってくる
  • 5-2 「一瞬で伝わる」ことがビジュアライズ
  • 5-3 Google データポータルでグラフや表の見せ方を変更してみよう
  • Chapter6 高度な活用方法
  • 6-1 データの統合
  • 6-2 計算フィールド
  • 6-3 Googleスプレッドシートの活用
  • Chapter7 事例
  • 7-1 リードジェネレーションサイトのレポート作成事例
  • 7-2 Google Search Consoleのレポート事例
  • 7-3 「ページ」についた不要なパラメータを削除する関数
  • 7-4 時系列のグラフに割合と値を表示する
  • 7-5 どこどこJPを活用した組織分析レポートの作成
  • 7-6 Googleアナリティクスの簡易レポート1
  • 7-7 Googleアナリティクスの簡易レポート2

プレゼント応募要項

  • 応募締切:2020年9月11日(金)23:59
  • 当選者数:3名様
  • 応募方法:下記応募フォームに必要事項をご記入して応募をお願いします。当選者の発表はプレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

プライバシーポリシーに関する情報はこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!

Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]