イーツ、企業向け仮想化ホスティングサービス「快得サーバV2」を提供開始

よろしければこちらもご覧ください

イーツは8月19日、企業向け仮想化ホスティングサービス「快得サーバV2」の提供を開始したと発表した。

「快得サーバV2」は、ホスティング環境にサーバ仮想化のためのオープンソースであるXenを使用し、最大4つまでのゲストOSを同時に使用できるホスティングサービス。物理的なサーバーはユーザーごとに用意され、ゲストOSは標準でRed Hat EnterpriseLinux 5(以下RHEL 5)が利用できる。

また、冗長化された共有のファイヤーウォールとロードバランサー、ネームサーバーを標準で装備。さらに、24時間365日のマネージドサービスも標準で提供し、最低1ヶ月からの利用が可能だ。

料金は、初期費用8万5000円、月額16万円。

イーツ
http://www.i2ts.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]