Yahoo! JAPANが提供するビッグデータ分析ツール「DS.INSIGHT」を武蔵大学が導入

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2022年08月05日(金)
ヤフー株式会社
~ “データに基づく主張・議論”の実践を通じたデータサイエンス教育で活用 ~

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が提供する事業者向けデータソリューションサービスは、ビッグデータ分析ツール「DS.INSIGHT」(※)が、武蔵大学社会学部の授業に導入されたことをお知らせします。


Yahoo! JAPANでは、多様なサービスから得られるビッグデータを活用し、企業や自治体向けに事業の創造や成長支援、課題解決などにつなげるインサイトを提供することを目的として、2019年に事業者向けデータソリューションサービスの提供を開始しました。このサービスには、検索データや位置情報を中心としたYahoo! JAPANのビッグデータを元にブラウザー上で調査・分析できる「DS.INSIGHT」、統計データをブラウザー以外のシステムからもダイレクトに利用できる「DS.API」、個々の企業や自治体の要望に応じてオーダーメードの課題解決を行う「DS.ANALYSIS」があります。

武蔵大学では、特に社会学部においてデータサイエンス教育に力を入れており、データに基づいて社会問題を考え、社会の中でデータを活かすために活躍できる人材の育成を目指しています。その中で、現実社会を表すデータとして従来より活用していたRESAS(内閣官房が運営する地域経済分析システム)やjSTAT Map(総務省統計局が運営する地理情報システム)に加え、社会の関心を示すデータとして「DS.INSIGHT」を導入いただきました。
庄司昌彦教授のゼミにおいては、自治体の統計データや各種オープンデータと「DS.INSIGHT」のデータを活用し、街の魅力をプレゼンテーションして競い合う「シビックパワーバトル」を実施し、学生たちが“データに基づく主張・議論”を実践しました。

詳細は以下の事例紹介ページをご覧ください。
https://ds.yahoo.co.jp/case/musashiuniv.html

「情報技術のチカラで、日本をもっと便利に。」をミッションに掲げるYahoo! JAPANでは、ビッグデータの力を解き放つことで、「こんな商品サービスが欲しかった」、「このサービスで困りごとが解決した」といった嬉しい驚きを作りだし、人々の暮らしをより便利で豊かにしていくことを目指していきます。

※:教育・研究機関向けには、専用のプラン「DS.INSIGHT for Academy」をご提供しています

■ヤフー・データソリューションについて
ヤフー・データソリューションは、Yahoo! JAPANの多様なサービスから得られるビッグデータを活用し、企業や自治体向けに事業の創造や成長支援、課題解決などにつなげるインサイトを提供するサービスです。検索・人流データをもとにお客様ご自身で分析いただけるデスクリサーチツール「DS.INSIGHT」と、オーダーメイドでビッグデータを活用した課題解決を支援する「DS.ANALYSIS」などを提供しています。なお、本サービスでは、統計化されたデータのみを扱っており、個人を識別可能な情報は含まれません。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

HCD
「Human-Centred Design」(人間中心設計)の略称。機械やシステ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]