コメント投稿

Web担主催イベント

「GA4とUAを比較しながら学ぶ! Google アナリティクス 4実践講座」9/8(水)オンライン開催

社内で「GA4って何?」って聞かれる人必見! 最新情報から効果測定まで6時間の講義+ワークで習得する

Web解析には不可欠なツール「Google アナリティクス」ですが、2020年10月に突如「Google アナリティクス 4(GA4)」が正式版にローンチされました。従来のGA(Universal Analytics:UA)とは全く別のツールと言っていいほど異なるGA4。

解析担当者にとってどうGA4と向き合うべきかわかりづらい、といった声が多数あります。そこで今回は、UAでカスタムレポートを作成したりセグメントを利用したりと日常的に使いこなしている解析担当者向けにGoogle アナリティクス 4の実践講座を開設。担当者が押さえておくべき、「GA4」と「UA」の違いや最新情報、独自イベントの設定から改善施策の立案につながるレポート作りまでを6時間の講義+ワークで習得します。GA4を自社に導入し、主導できる知識・スキルを1日で学びます。

講師はプリンシプル取締役副社長でGoogle アナリティクス コミュニティ シルバー プロダクト エキスパートの木田和廣氏。著書『できる逆引き Googleアナリティクス』(インプレス)など多数の書籍を執筆。「GA設定診断」を100社以上に実施し、多くのWeb解析コンサルティングの実績を残しています。アナリティクスソリューション(a2i)やGoogle社主催セミナーにて講師としての実績多数。インプレス主催のイベントでは、セミナー満足度1位を獲得

本セミナーはこのような方に向いています

  • UA中級者

    ・カスタムレポートを自力で作成できる

    ・アドバンスセグメントを適用した分析を行うことができる

  • GA4に関する予備知識は少ないが、今後に備えて学びたいと考えている方

講座の特長

  • 自社へのGA4導入を主導できる知識・スキルが身につく
  • GA4について社内にレクチャーできるだけの知識が身につく
  • GA4でのパフォーマンス改善施策を立案し、効果測定できるようになる

本講座で身につくスキル

  • UAとGA4の差異について説明できるようになる
  • GA4の最新の情報にキャッチアップし、質問されれば答えることができる
  • GTMを利用しGA4への「独自のイベント」(基本的なもの)を送信・記録できるようになる
  • GA4にどのような「独自のイベント」を送信すればよいかのアイデアを持てる
  • GA4に送信した「独自のイベント」を利用してGA4上で意味のあるレポートを作成できる
  • 分析ハブを利用したいくつかの改善の型を説明できる
  • GA4のBigQueryエクスポートについて説明できる

GA4は2020年10月に正式版になったとき、Googleアナリティクス4という名称に統一されましたが、ベータ版では「App+Webプロパティ」と呼ばれ、Webサイトだけでなく、アプリなども統合して分析できる基盤として開発されました。

担当者が慣れ親しんだUAとGA4は「データ取得」や「レポート」など見た目から大きく異なり、ツールが達成したい目的も異なるという。本講座を通じて、UAとGA4の差異や最新情報、GA4を使った改善立案、効果測定までを身に付けます。

お申し込みはこちら

講師紹介

木田 和廣(きだ かずひろ)
株式会社プリンシプル
取締役副社長 カスタマーサクセス室室長
詳しいプロフィールを見る

商社、ソフトバンク系ネットベンチャーを経て、2011年からプリンシプルの創業メンバーとしてWeb解析ビジネスを立ち上げる。「GA設定診断」を100社以上に実施し、多くのWeb解析コンサルティングの実績を残す。アナリティクスソリューション(a2i)やGoogle社主催セミナーにて講師としての実績多数。現Google アナリティクス コミュニティ シルバー プロダクト エキスパート。

閉じる

タイムテーブル

2021年9月8日(水)

10:00〜10:35
はじめに
<概要>
  • 講座準備
10:35〜10:50
GAウォークスルー(講義+デモ+個人ワーク)
<概要>
  • GA4のデモアカウントを通じて、UAとの違いを認識
10:50〜11:30
UAとGA4の差異を認識する(講義)
<概要>
  • レポート構成の差異
  • データモデルの差異(セッションからイベントへ)
  • 活用方法
11:30〜11:40
休憩
11:40〜12:15
「ユーザーベース」レポートの活用する(講義+デモ)
<概要>
  • ユーザーベースレポートの説明
  • ユーザーベースのディメンションと指標の確認
  • ユーザーベースセグメントの理解
12:15〜13:10
分析ハブの利用方法を学ぶ
<概要>
  • 探索
  • 目標到達プロセス
  • 経路の分析
  • セグメントの重複
  • ユーザーエクスプローラー
  • コホート分析
  • ユーザーのライフタイム
13:10〜14:10
休憩
14:10〜14:55
ターゲットとなるユーザーセグメントの発見方法
<概要>
  • ターゲットとなるセグメントの発見手法
  • デモアカウントから「ターゲットとなるユーザーセグメント」を見つける
  • ターゲットとなるユーザーセグメントの発見
  • 発表
  • 議論
14:55〜15:40
GA4へのデータの追加方法を学ぶ
<概要>
  • 独自イベントと独自ユーザープロパティ
  • GTMでの独自イベント、独自ユーザープロパティ取得のデモ
  • 独自イベント、独自ユーザープロパティをGA4で利用する
  • 独自イベント、独自ユーザープロパティを利用したレポート作成のデモ
15:40〜15:50
休憩
15:50〜16:25
BigQueryエクスポート
<概要>
  • BigQueryエクスポートを理解する
  • BigQueryにエクスポートされたデータの可視化
  • どのような場合にBigQueryにエクスポートされたデータを利用するべきか?
16:25〜17:00
質疑応答+アンケート記入
お申し込みはこちら

受講生の声

2021年6月「第1回 GA4とUAを比較しながら学ぶ! Googleアナリティクス4 実践講座」

  • 操作方法だけでなく、分析や施策検討のための考え方も含めて享受出来る点がとても参考になりました。
    30代・男性
  • UAとGA4のユーザー戦略獲得の違いからなぜセッションベースなのかユーザーベースなのかが腑に落ちました。
    20代・女性
  • 先生の説明やたとえが非常にわかりやく、GA4とUAの違いや、ビジネスへの活かし方を詳細に教えて頂けました。
    30代・男性
  • GA4に関する知識や考え方は他でなかなか学べないと感じました。
    20代・男性
  • UAとGA4のコンセプトの違いがわかり、GA4導入の意義が明確になったのは大きな収穫でした。
    40代・男性
  • GA4はUAと別ツールであること、機械学習の搭載、レポート作成の仕方など、常に有難い情報でした。
    30代・女性

開催概要

セミナー名GA4とUAを比較しながら学ぶ! Googleアナリティクス4 実践講座
〜社内で「GA4って何?」って聞かれる人必見!
最新情報から効果測定まで6時間の講義+ワークで習得する〜
開催日時2021年9月8日(水)10:00〜17:00(Web入室可能時間 9:30)
会場オンライン開催(Zoom)

※お申込み手続き完了後、講座5日前に開催URLをご登録いただいたメールアドレスに送付いたします
※1週間前に受講案内メールが届かない場合は web-tan-gakkou@impressbm.co.jp へご一報ください
主催株式会社インプレス(Web担当者Forum編集部)
運営事務局株式会社オプンラボ
参加対象者
  • カスタムレポートを自力で作成できる
  • アドバンスセグメントを適用した分析を行うことができる 
  • GA4に関する予備知識は少ないが、今後に備えて学びたいと考えている方
受講料定価:55,000円(税込)
早割:49,500円(税込)※2021年8月16日(月)までの申し込み分
超早割:49,500円(税込)※2021年7月20日(火)までの申し込み分/Amazonギフト券3,000円プレゼント

※超早割期間にお申し込みの方には3000円のAmazonギフト券をもれなくプレゼントします。
※Amazonギフト券のプレゼントは、講座開催後1週間以内にメールにて送付します。
※記事末尾の「受講料のお支払い方法」とあわせてご確認ください。
※開催10日前の正午を過ぎた後のキャンセルについて受講料の返金はいたしません。
※複数名で参加の場合でも、1名ずつお申し込みください。
申込期限2021年9月1日(水)12:00まで
定員定員24名(最少開催人数 12名)
お問い合わせ先株式会社インプレス
Web担当者の学校 事務局
E-mail:web-tan-gakkou@impressbm.co.jp

参加特典

セッション満足度1位獲得!
2021年2月開催のデジタルマーケターズサミット 木田 和廣 氏講演の45分動画
「進化したGoogleアナリティクス4とは? 担当者が知っておくべきポイントまとめ」

※講座終了にメールにてURLをお送りします。

オンライン受講について

本講座は、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を利用して行います。事前にお手持ちのPCにインストールをお願いします。また、講座を受講する際には、スマートフォンからの視聴ではなく、PC(Windows、macOS)からの視聴を推奨します。

本講座には、参加者同士でブレストし合うワークショップもあります。そのため操作しやすい環境(見やすいディスプレイサイズやサブディスプレイなど)や受講しやすい環境(ヘッドセットやマイクスピーカーなど)のご準備を事前にお願します。

ライブでの講座のみで、後日に配信する予定はございません。通信が安定しているネットワーク環境からの接続をお願いします。

Zoomに関するヘルプセンター

注意事項

  • 受講対象に記された条件を満たす方のみ、受講可能です。条件に満たない方の受講については厳禁といたします。
  • 事前の連絡無しにお申込みされたご本人以外の方が受講することはできません。
  • 講義中の「映像の録画・音声の録音・画面のキャプチャ」等、本講座に関する記録及び許諾を受けない利用については厳禁といたします。
  • 講義・演習等の各種資料について、無断転載・引用は厳禁といたします。
  • 上記に反した場合は、著作権法に抵触する恐れがあります。
お申し込みはこちら

よくある質問

受講料の振り込みが間に合いません。自社の支払サイトにあわせられますか?
Web担当者の学校 事務局(受講ページ末尾)までお問い合わせください。開催直前のお申し込みなど、請求書発送からお振り込みまで猶予がない場合などもご相談ください。ご希望の方には、領収証の手配も可能です。
急用が入り参加できなくなりました。キャンセルはできますか?
受講キャンセルの場合、Web担当者の学校 事務局(受講ページ末尾)までご連絡ください。開催10日前の正午までであれば、受講料を全額返金いたします。詳しくは、「受講料のお支払い方法」を参照ください。また、同じ会社の同僚の方であれば、代理受講が可能です(受講者を事前にお知らせください)。
申し込みが完了しているのか不安です。
申し込みフォームの送信後に「Web担当者の学校 事務局(web-tan-gakkou@impressbm.co.jp)」から確認メールが配信されます。メール受信の除外設定、迷惑メールフィルタなどかかっていないか、ご確認ください。お手元に届かない場合は、申し込みが完了していない可能性があります。お手数ですが前述の事務局までご連絡ください。
講座資料はどのように配布しますか?
ダウンロード版も提供しますが、当日受講しやすいように、事務局から冊子を郵送いたします。講座資料の郵送先ご住所は忘れずにご登録ください。
オンラインでの受付はどのように行いますか?
Zoomに入室していただく際に確認いたします。Zoomの登録名は必ず本名でお願い申し上げます。また、画面(カメラ)はオンでお願い申し上げます。
事前に接続確認等は必要ですか?
事前の接続確認をお願い申し上げます。下記を参照いただき、ご参加いただく前にテストをお願い申し上げます。 https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083
スマートフォンから参加することは可能ですか?
スマートフォン、タブレット(iOS、Androidと種類を問わず)での参加も可能ですが、PCでのご参加を推奨いたします。
お申し込みはこちら

受講料の支払い方法

  • お支払い方法は、クレジットカード決済または請求書による銀行振込(先払い)のいずれかを選択できます。
  • 請求書によるお支払いを選択された場合は、お申し込み確認後、株式会社インプレスより数日で請求書をメール添付(PDF)にてお送りいたします。
  • 受講料のお振り込み手数料はお客様のご負担にてお願いいたします。
  • 講座の開催日の15日前までに指定の口座に受講料をお振込みください。
  • 開催直前のお申し込みで振込が間に合わない場合、貴社締め日への変更希望などがありましたら、事務局へご相談ください。

※詳細はWebフォームページでもご確認ください。

お申し込み後のキャンセル方法

  • 開講日の10日前の正午までにキャンセルの連絡をいただいた場合、受講料を全額返金いたします。
  • 上記期間を過ぎた後のキャンセルについては、受講料のご返金はいたしません。また、未払いの場合は受講料を請求させていただきます。
  • 受講途中に受講ができなくなった場合、未受講分の払い戻しはいたしません。
  • 都合により受講が困難な場合、代理の方の受講が可能です。事前に事務局へお知らせください。
お申し込みはこちら
よろしければこちらもご覧ください
73541
73541
-->

Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル