実はよくわかっていなかった言葉たち~その2「漁夫の利」~

「漁夫の利」一度は聞いたことがあると思いますが、語源をご存知でしょうか?
よろしければこちらもご覧ください

AさんとBさんがごちゃごちゃ揉めている隙にCさんがおいしいところを全部持って行ってしまう。
簡単に言うとそういうお話ですね。
林修先生じゃないですが、ではここでいうAさん、Bさん、Cさんに相当する、本来の登場人物は何者なのか、皆さんはご存知ですか?

実はこれ、シギという水辺に住む鳥が、ハマグリの肉を食べようとクチバシで突いたところ、そうはさせまいとハマグリが貝のフタを閉じて、シギのクチバシを挟んで防戦したところから端を発したものです。
「どうせ今日も明日も雨が降らなければ水が切れて、死んだハマグリになるくせに」とシギがハマグリに言い、ハマグリも「そっちも今日も明日もクチバシを出せずにいたら、飢えて死んだシギになるくせに」と言い返し、そんな押し問答しているところに、漁師がやって来て、シギもハマグリも一緒に捕らえてしまったという『戦国策・燕』にある故事にもとづくお話だそうです。

つまり、Aはシギ、Bはハマグリ、ひとり得をしたCは「漁夫の利」の文字通り、漁師だったのですね。

 

これが英語の世界だと....

 

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l001_202007.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス