知られざる香港〜香港料理ってどんなもの?

香港料理と聞いてみなさんは思い浮かぶものはありますか?当社香港出身のWebデザイナーが伝授します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

中華料理といえば、みなさんは何を思い浮かべますか?

四川代表は麻婆豆腐や酸辣湯など、上海代表は小籠包や八宝菜など、北京代表は北京ダックや水餃子など。
いろんな料理があります。でも「香港料理」って一体何があるかご存知ですか? ぱっと思いつく方は少ないのではないでしょうか。今回はそんな知られざる香港料理についてお話しします。

 

中華料理の系統でいうと、香港料理は広東料理の中に含まれています。なので、一般的な伝統料理は広東料理とあまり違いはありません。しかし、香港特有の文化や歴史的な背景の影響から生まれた、香港独自の料理もあるのです。

 

1)避風塘料理(台風シェルター系料理)

昔の香港の漁業は発達していました。でも毎年夏は、台風が香港に大混乱をもたらすので、政府が台風シェルター(避風塘)を作りました。その後、香港の発展に伴う海の汚染などで、魚を捕まえにくくなった漁師たちは、台風シェルターに来て、陸上の人たちに向けて、自分達の特別な料理を売るようになりました。その中で最も有名なのは、唐辛子とにんにくまみれの海鮮料理、そしてこの「唐辛子とにんにくまみれ料理」が避風塘料理と呼ばれるようになりました。

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w011_202002.html

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]