大企業=優良企業ではなくなった件。AIによる第三の労働力が変えること

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「大企業=優良企業ではなくなった件。AIによる第三の労働力が変えること」を公開しました。

###

こんにちは。プライム・ストラテジー マーケティング顧問の吉政でございます。今日は顧問としてではなく個人の意見を書きたいと思います。

以前は、従業委員が多い会社を大手企業と呼び、社員が多い方がそれだけ売り上げが多い時代がありました。社員が多いこと=それだけの人数の社員を雇用できる大きなビジネスをしている会社ということで、その会社が大手企業と呼ばれ、企業としての信頼が高い時代でした。
その後、AIが進化して、社員ができる仕事をこなせる技術に成長しました。機械学習により応用や学習もできるようになり、AIは賢く、ミスのない、24時間働ける労働力になりました。今の時代、AIで開発すれば、かなりの仕事をAIはこなせるようになります。AIがこなせないことは、「お金を所有すること」「コネ」くらいでしょうか。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3526

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

メタデータ
「データのデータ」。あるデータや情報の属性や特徴を表す付随的な情報を指す。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]