※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

大学や会社など、どこかのタイミングでマーケティングの4P (場所、価格、製品、プロモーション) について学んだ。60年近く経ったが、4Pは今でもマーケティングのフレームワークとして活用されている。しかし、この10年で市場環境は大きく変化している。

最近、General Data Protection Regulation(GDPR)やCalifornia Consumer Privacy Act(CCPA)などの法規制が施行、強化されています。企業は現在、消費者のデータの収集に大きく依存するパーソナライゼーションなど、重要なマーケティング戦略の実施において課題に直面している。

MarketingProfは、新しいマーケティングの4Pを、消費者の信頼とロイヤルティを獲得したいマーケターにとって必要な考え方であると提唱している。

記事の続きを読む

 

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストラ
関連語 の「JPRS」を参照 ドメイン名の登録受け付けや支払いの業務を担当 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]