中華圏の人へのお祝い時のタブー

お祝い時、日本では良しとされることが中華圏ではNGなこともあります。中華圏の方にお祝いするときはお気をつけください。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

年末年始はみなさま、どのように過ごされましたか?
友達にプレゼントを贈ったり、取引先などにお歳暮を贈ったり、会食したりされた方も多いのではないでしょうか。
日本でお祝いする時は、いろいろな注意点がありますよね。
例えば、結婚祝いは刃物や割れ物を贈ってはいけなかったり、病気のお見舞い時は、鉢植え物を贈っていけなかったりします。
同様、中華圏にもお祝い時の注意点があります。
今回はそんな注意点を一部ご紹介します。これから中華圏の人にお祝いすることがある際、ぜひ参考にしてください!

 

1)時計の贈答(中国・台湾・香港)= NG

中国語・広東語などの中で「時計を贈る」と「最期をみとる」の発音が似ているため、時計は絶対に贈っちゃいけない物です!

 

2)奇数のご祝儀(中国・台湾・香港)= NG

中華圏の伝統で、お祝い時のご祝儀は偶数で、「好事成雙」(いいことはまた来る)の意味があります。一方、お葬式のお香典は奇数です。結婚の時、結納品なども全部ペアです。偶数はペアを表すので、もし結婚のお祝い時に、奇数のご祝儀は、悪いことが起こるという意味になります。こう見ると、日本とは反対ですね。
また、香港では、最後の桁が偶数なら大丈夫です。例えば3000、5000とか。しかし、台湾では3000、5000でも奇数に分類する場合があります。

中国の伝統的なウエディングドレス、広東エリア(香港・マカオ・潮州など)では主流です。この数年は、台湾などにも人気になりました。

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w011_202001.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドフラウド
広告詐欺のこと。 主にインターネット広告におけるものを指す場合が多い。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]