顧客を動かす26のマーケティング心理学|あなたはいくつ知っていますか?

マーケティングや広告はセンスが求められるクリエイティブな領域と思われがちですが、実は非常に科学的なアプローチです。世の中のマーケティングキャンペーンはどれも綿密な市場調査と、マーケティング心理学に裏付けられています。あなたが昨日購入したものも、これから紹介するマーケティング心理学が利用されていたかもしれません。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

マーケティングはセンスや勘で成功するものではなく、非常に科学的なアプローチが求められます。
一般に成功したキャンペーンは綿密な市場調査と、様々なマーケティング心理学に裏付けられています。

  • 果汁20%のオレンジジュース
  • 果汁以外が80%のオレンジジュース

この2つは同じことを言っていますが、どちらのキャッチコピーに興味を惹かれるでしょうか。

  • あなたの財産が狙われ続けています
  • 防犯サービスがあれば安心できます

この2つも、同じことを言っています。あなたはどちらのキャッチコピーに反応してしまいますか?

実は、こうしたキャッチコピーはコピーライターのセンスでつけられているのではありません。様々なマーケティング心理学を駆使し、顧客を動かす仕組みを組み込んでいます。

今回は、マーケティング心理学として、人間の6つ心理原則、そして具体的な20のテクニックを紹介します。

もちろん、悪用厳禁です。

※この「悪用厳禁」という言葉にはこれから紹介するカリギュラ効果が用いられています。

覚えておいて損はない!顧客を動かすマーケティング心理学6+20選
※全文無料で読めます

影響力の武器で語られた6つの心理原則

「マーケティング心理学」という言葉が広まるきっかけにもなった一冊がロバート・チャルディーニ氏が出版した「影響力の武器」です。
日本では「影響力の武器 第三刷」の出版を機に、「マーケティング心理学」という言葉が注目を集めました。

具体的なテクニックを紹介する前に、まずはこうした心理原則を知っておきましょう。これらを知った上でこの後紹介する20のテクニックを読めば、より応用が利くはずです。

  • 返報性のルール
  • コミットメントと一貫性
  • 社会的証明
  • 好意
  • 権威
  • 希少性

覚えておいて損はない!顧客を動かすマーケティング心理学6+20選

覚えておきたいマーケティング心理学20選

マーケティング心理学は、間違った使い方をすれば企業倫理に反し場合によっては違法性のあるプロモーションに繋がってしまうかもしれません。しかし、正しく活用すれば自社商品の魅力を最大限に伝え、顧客を動かすことができます。
マーケティング心理学の中でも効果的・代表的な物を20個厳選しました。

  • カクテルパーティ効果
  • スノップ効果
  • バンドワゴン効果
  • ハロー効果
  • ザイオンス効果
  • ウィンザー効果
  • ストループ効果
  • コンコルド効果
  • 松竹梅の法則
  • 決定回避の法則
  • プロスペクト理論
  • シャルパンティエ効果
  • カリギュラ効果
  • ツァイガルニク効果
  • アンカリング効果
  • 認知的不協和
  • テンション・リダクション効果
  • フレーミング効果
  • ディドロ効果
  • アンダードッグ効果

覚えておいて損はない!顧客を動かすマーケティング心理学6+20選
※それぞれのマーケティング心理学を詳しく解説しています

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドフラウド
広告詐欺のこと。 主にインターネット広告におけるものを指す場合が多い。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]