7年ぶりに改訂されたGoogleのSEOガイドラインについてざっくりと解説

Googleが制定しているSEOガイドラインが7年ぶりに改訂されました。運用担当者の方をはじめ、Webサイト運営に関わる方々も必見の内容です。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

7年ぶりのガイドラインの改訂

2017年末、Googleが定めている検索エンジン最適化(SEO)に関するガイドラインが実に7年ぶりに改訂されました。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

GoogleがSEO?と思われるかもしれませんが、Googleとしては提供しているサービスの品質維持・向上のためにガイドラインを定めることはごく当たり前のことです。

Googleが考える「SEO」とは、いったいどのような内容なのでしょうか。

ガイドラインの概要

早速、目次から見ていきましょう。

  • はじめに
  • Google がコンテンツを見つけられるようにする
  • クロール対象外のページを Google に指示する
  • Google(とユーザー)がコンテンツを理解できるようにする
  • Google 検索結果での表示を管理する
  • サイトの階層を整理する
  • コンテンツを最適化する
  • 画像を最適化する
  • サイトをモバイル フレンドリーにする
  • ウェブサイトを宣伝する
  • 検索のパフォーマンスとユーザーの行動を分析する
  • 付録: このガイドで参照したリンクの URL

Googleにコンテンツを登録する方法(公開すればほぼ自動的に登録されます)から分析まで網羅的に記載されています。

詳細はガイドラインをお読みいただくとして、ポイントとなりそうな内容について解説します。

 

▼続きは下記にてご覧いただけます。
7年ぶりに改訂されたGoogleのSEOガイドラインについてざっくりと解説(2/5)
https://getting-better.jp/google-seo-guideline-180129/2/#entry

本稿は、Webに詳しくないWebマスターのためのブログ“Getting Better”
https://getting-better.jp/
に掲載された記事です。
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]