Sign in with Apple(Appleでサインイン)をiOS 13 Public Betaで検証~ユーザー視点での使いやすさは?【Feedmatic Blog】

「Sign in with Apple(Appleでサインイン)」をLINEログインと比較しながら検証してみました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

iOS 13 Public Beta4 からブラウザ経由での Sign in with Apple(Appleでサインイン) が劇的に使いやすくなりました。

今回、Feedmatic Blog( https://blog.feedmatic.net/ )では、
「Sign in with Apple(Appleでサインイン)」は他のソーシャルログインとどう違うのか、メリット、デメリットを踏まえて、日本で普及するのか、ユーザーは実際に利用するのかを考えてみました。

[Feedmatic Blog] Sign in with Apple(Appleでサインイン)~iOS 13 Public Betaで検証~とLINEログインを比較して日本で普及するかを考えた
https://blog.feedmatic.net/201909_sign-in-with-apple/ )

▼記事の一部をご紹介▼

ユーザー視点での使いやすさ

iOS 12 では、スマホのブラウザ経由の Sign in with Apple (Appleでサインイン)の場合、Apple ID と PW の入力を求められました

iCloudキーチェーン(※ 以下キーチェーン)に Apple ID と PW を登録していれば生体認証で呼び出せますが、キーチェーンのマスターキーとなる Apple ID と PW をキーチェーンに登録している人は稀だと思います。そのため、ブラウザ経由での Sign in with Apple(Appleでサインイン) は使い勝手が非常に悪い印象でした。

iOS 13 Public Beta4から、Sign in with Apple(Appleでサインイン) はブラウザ経由でも顔認証の「Face ID」もしくは指紋認証の「Touch ID」によりID/PWを入力することなく認証を済ませる事が出来るようになりました。非常に便利です

目次をご紹介

  • ソーシャルログインとは?
  • 現在のプラットフォーム別のソーシャルログイン利用率
  • Sign in with Apple(Appleでサインイン)のユーザー視点での使いやすさ
  • 会員登録時のフォームへのアシスト機能

[Feedmatic Blog] Sign in with Apple(Appleでサインイン)~iOS 13 Public Betaで検証~とLINEログインを比較して日本で普及するかを考えた
https://blog.feedmatic.net/201909_sign-in-with-apple/ )

Feedmatic Blogとは

Feedmatic Blogとは、株式会社フィードフォースが「データフィード」「ダイナミック広告」「ID連携」を軸に、新しいマーケティングのトレンドや実践的なノウハウを発信するブログ」です。

変化の激しいデジタルマーケティングの世界で様々な手法を模索中のマーケターに向けて、日々有益な情報を発信しています。

Feedmatic Blog:https://blog.feedmatic.net/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]