広告効果を予測するシミュレーションの作成方法【Google広告】~作成理由から手順まで~

Google広告に限らず広告に投資するとき重要になるのが"投資額以上のリターンがあるか"です。それはシミュレーションで予測できます。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

広告は投資です。リターンを獲得しなければやる意味がありません。

とはいえ、広告には実際に出稿してみないとわからないことが多く、不確実性が高い投資です。

しかし、Web広告には広告の投資対効果を事前に知る方法があります。それが広告シミュレーションです。

特にWeb広告では非常に細かくデータが取れるうえ、過去のデータから予測数値を出すこともできるため、広告出稿を検討する際にはまず広告シミュレーションの作成をお勧めします。

今回は、Web広告の中でも主要な手法である「Google検索広告」の広告シミュレーション作成方法をテーマにお送りします。

広告出稿前にシミュレーションを作成する理由

上記は広告シミュレーションの一例です。弊社には日々様々なクライアント様より広告の相談を頂きます。最初に行うことはもちろん基本的なヒアリングですが、次に行うのが広告シミュレーションの作成です。

広告シミュレーションは提案資料という位置付けですが、確実に受注が決まっている場合でも必ず作成します。

広告シミュレーションを作成する理由は、WebマーケティングメディアGrabをご覧ください。

広告シミュレーションで出てくる用語

作成手順で詳しく説明しますが、シミュレーション自体はそこまで難しくありません。用語の意味や検索広告の仕組みを理解し、いくつかのツールを使えば数時間で作成できます。

では、作成手順の前にGoogle検索広告のシミュレーションでよく出てくる用語をいくつか紹介します。

  •  オーディエンス/セグメント
  •  表示回数
  •  クリック率/クリック数/クリック単価
  •  コンバージョン率/コンバージョン数
  •  獲得単価(CPA)

広告シミュレーションの基本用語は、WebマーケティングメディアGrabをご覧ください。

Google検索広告のシミュレーション作成手順

では、いよいよGoogle検索広告のシミュレーション作成手順です。正直、シミュレーションに求める精度によって様々で、これから紹介するシミュレーションの作成手順はあくまでも一例です。

社運を賭けた大規模な投資であれば、市場調査やリサーチにより多くの時間とコストをかけ、高い精度を目指す必要があります。逆に、過去に似たような広告出稿のデータがあれば、その数字を応用して簡単に作ってしまうことも可能です。

  • 商品・サービスの把握、市場調査
  • 検索キーワードの調査
  • クリック率・コンバージョン率を決める
  • シミュレーション作成
     

広告シミュレーションの作成手順、また作成した後に見るポイントは、WebマーケティングメディアGrabをご覧ください。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]