格安スマホがもたらす恩恵と通信環境の変化~格安スマホユーザー数~前編

Webサイト担当者様に向けたコラムです
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。


2019年1月、「携帯電話の通信料金は4割下げられる」という菅官房長官の発言を覚えている方はいらっしゃいますか?

 

この発言を皮切りに3大キャリアは値下げへの対応をするべく各社動いているかと思われます。一番最初に動いたのが「ドコモ」で、値下げを実現する手段として通信料金と端末代金を分ける「分離プラン」を発表しました。
ここでは、プランの内容説明は割愛しますが、皆様ご自信の携帯料金が適正かどうか、薄々と疑問に思い始めたのではないでしょうか。敏感な方は、いわゆる格安スマホに乗り換えて月々の料金を抑えてらっしゃるかと思いますが、今後さらにそういった方が増えるのではないかと、私は推察しております。

 

前置きが長くなりましたが、このコラムは、格安スマホに乗り換えたい!でも、どうすればいいの?と言う方向けのコラムではなく、各企業様のWebサイト担当者様に向けたコラムです。

 

ん?格安スマホとWebサイトって関係あるの?と思われた方、要注意でございます。こちらのコラムを確認頂き対策してください。
※格安スマホ(SIM)の定義については、各格安スマホ社のWebサイトに記載してありますので、ここでは割愛します。

 

そもそも、格安スマホを使用している方の割合はどのくらいなのでしょうか。

※引用:2019年3月格安SIMサービスの利用動向調査 MMD研究所
※「格安スマホ」の数値は、「MVNO」とキャリアサブブランドの「Y!mobile」の合計値です。

 

こちらの格安スマホの割合ですが、17年3月時は12.4%、18年10月時は16.1%を記録しており着実に増えているのがわかります。

 

また今後の動きとして、キャリアの乗り換えを考えている方はどのくらいかをまとめてみました。

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w010_201906.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]