なぜこれからの社会人はSNSに真剣に取り組むべきなのか?という話。

本日は、どうして私がそういった結論に至ったのか、なぜビジネスマンこそSNSをやるべきだと考えるのか、個人の見解を話していきたいと思います。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

最近、あえて実名顔出しでTwitterをやっているアカウントが増えているなと感じています。

私自身も、実名顔出しで1年半ほどTwitterを運用をしているのですが、結論としては、真面目に働いているビジネスマンこそ日常的にSNSをやるべきだと考えています

 

SNSもブログも前向きにやる分にはいいと思うんですよね。みんなでやれば連帯感も出てハメ外すことも減ると思うし。

あと会社を利用してSNSをやるスタンスではなく、SNSを利用して事業貢献するのであれば心配いらないかなとも思う。

当然リスクはゼロにはならないけど、少なくともリターンは大きい。 https://t.co/VnIE6vQSLv

— 小木曽一馬 / KazumaOgiso (@ogisokazuma) 2019年6月9日

 

本日は、どうして私がそういった結論に至ったのか、なぜビジネスマンこそSNSをやるべきだと考えるのか、個人の見解を話していきたいと思います。

 

目次

  1. 個人のブランディングが企業のブランディングに繋がる
  2. コモディティ化が進む世の中での差別化について
  3. ストーリーでブランディングを行うということ
  4. 複業時代のチャネル確保としての活用
  5. マーケット感覚を身につけよう
  6. ブランド人になれ!
  7. 追記 BtoBの中小企業のTwitter 戦略について

個人のブランディングが企業のブランディングに繋がる

企業のブランディング活動については当たり前のように取んでいても、企業に属する個人が自身のブランディングを行なっているケースは少ないと感じています。個の時代と言われている分一昔前に比べたら増えてはきていますが、まだまだこれからといった印象です。

 

SNS運用に関しても、多くの企業が企業としてのSNSアカウントは持っているものの、社員自身はSNSやっていない、もしくはプライベート用でしか使っていないというのが現状です。そこが、個人的には非常にもったいないと感じているところです。

 

実は私がビジネスマンこそSNSをやって行くべきだと考えている最大の理由としては、個人のブランディングが企業のブランディングにも繋がっていくと考えているからです。そして、その影響力は今後どんどん大きくなって行くと考えています。その根拠について詳しく解説していきたいと思います。

 

続きは下記から↓(全文無料)

なぜこれからの社会人はSNSに真剣に取り組むべきなのか?という話。
 

 

【SNS関連記事】

BtoB企業におけるTwitter戦略について

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]