【色彩デザインを効率化】無料で使えるデザインツール5選

色彩デザイン、意識できていますか? 無料ツールでデザインが身近になったからこそ、こうしたアカデミックな知識が重要になっています。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

優れたデザインは「適切な配色」によって生み出されます。

日頃、私たちがデザインを見るとき、無意識の内に色に対するイメージを反映しています。そのイメージに反する配色を行えば、どんな優れたデザインでも意図が伝わりません。配色の基本を知らないと、ユーザーの誤解を招く可能性があります。

わかりやすい例を出すと「蛇口の青は水で赤はお湯」や「トイレで赤は女性で黒は男性」という、色彩のイメージに加えて社会的常識が加わったケースです。
青をメインに使ったラーメン屋さんの看板はめったに見ないと思いますが、青には「水・冷たい」といった印象があるため、ラーメン屋のメッセージと合わないためです。
女性向け化粧品の色はたいていピンクや赤で、男性向けの整髪料などはだいたい黒系のデザインです、これも、「女性といえば赤・ピンク」という色彩のイメージと社会的常識にのっとっているためです。

近年、誰でも手軽にデザインを作れるようになった一方で、適切な配色を理解していない方が増えています。とはいえ、すぐに配色理論を身につけることは難しいです。
デザイナーの代表的な資格に「色彩検定」というものがありますが、これは「色彩」という非常に限られたテーマながら、3級、2級、1級とあり、色彩の奥の深さがわかります。

プロデザイナーレベルの配色テクニックを身につけるためには、こうした資格知識を身につけるなど、ある程度の時間がかかります。

そこで、利用したいのが配色に使えるデザインツールです。実は、これらのデザインツールを利用すれば、プロデザイナーではなくても、プロレベルの配色ができます。

今回は、もう配色で迷わない!と題し、無料で使えるデザインツールを全2回に分けて紹介します。Part1の本記事では、基本的で使いやすいものを中心にまとめてみました。

無料で使えるデザインツール 

  • Adobe color
  • Colourcode
  • Palettable
  • Color Supply
  • Scheme Color

最初に伝えたように、Adobeソフトの普及などにより、デザインは身近になりました。しかし、「何か違う」「素人っぽい」という印象があるなら、以前紹介したデザインの4原則や、今回お伝えした配色・色彩デザインが抜けているのかもしれません。
こうした基本的なツールを使うことで、はやく簡単に、プロっぽいデザインを作ることができます。

全文はWebマーケティングメディア「Grab」をご覧ください

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グローバルナビゲーション
サイト全体で共通して表示されるナビゲーション。 多くの場合、第1階層(大カ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]