WEB制作だけじゃ苦しい時代に制作会社は何をやるべきなのか。

WEB制作だけじゃ苦しい時代に制作会社は何をやるべきなのか、1つのヒントになると幸いです。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

いわゆる”WEB制作会社”はこれから様々な課題を抱えていくことが予想されます。売り切り型のWEB制作の限界。ストック型ビジネスモデルへの移行。高まるセキュリティへの関心。業界の垣根を超えた競合他者。エンドクライアントのマーケティングリテラシー向上....などなど、越えて行かなければいけない壁だらけです。

 

特に現段階でも苦しいところが、売り切りモデル型からストック型への移行、既存クライアントからのチャーン防止辺りかなと考えています。実際によく聞く話ではあるので。

 

弊社もかつては、新規かつ売り切りのWEB制作案件が中心で、毎月納品に追われる納品地獄に苦しんでいました。営業に関しても毎日遅くまでテレアポをしているような、今よりもずっとブラックな会社で、先ほど述べたような課題をもろに抱えていた時代があります。

 

ですが現在では、だんだんとストック売り上げの比率も上がってきており、今では50%ほどがストック売り上げ、既存クライアントからのアップセルやクロスセルも数倍、いや10倍以上になったのではないでしょうか。これは全社的に意識を変えてきた結果であり、何年もかけて変わってきた部分であります。

 

そのため今回は、これまで何をどう変えてきたのか、これからWEB制作業界はどう変わって行くべきなのかを、個人的な経験に基づき話していきます。

詳細はこちら↓(全文無料)

WEB制作だけじゃ苦しい時代に制作会社は何をやるべきなのか。

 

【あわせてどうぞ】

BtoB企業におけるTwitter戦略について

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]