全く新しい商品を理解してもらうためにマーケティング担当者が考えるべきこと。

全く新しい商品を理解してもらうためにマーケティング担当者が考えるべきこと。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

企業が新商品を発売する時、顧客に商品の価値を理解してもらうことは大切な必要条件である。理解できないものは、感動しないし、理解できないものは、購入することはないからだ。だから、新商品を理解してもらうために、新商品のクリエイティブ・キャッチコピー・Webサイトなどありとあらゆるコンタクトポイントで何をどのように伝えるのかは非常に大切な仕事となる。

では、顧客が理解した状態とは、一体どのような状態のことを言うのだろうか?ここでは、「知っていること」と「理解していること」を明確に分けて考えたい。というのも、知っていることは単に知識として覚えているだけであり、そのような状態は理解している状態とは言えないにも関わらず、知ってもらうことでミッションが完了したかのように勘違いしている人が多いからだ。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]