対立構造を想起させるマーケティングコミュニケーションが「人を動かす」

対立構造を想起させるマーケティングコミュニケーションが「人を動かす」
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

人間が何かを理解する時、人はものごとを分けることで理解します。よく「分けることは分かること」と言いますが、人間はゴチャゴチャした何の法則性もないものごとをそのまま理解することは出来ない生き物です。

そのため、マーケティングコミュニケーションにおいて、商品サービスを理解してもらうために何かの軸で分けることで消費者に理解してもらおうとする手法はよくあります。

例えば、アップル社の有名なキャッチコピーである「think different」は、言葉こそ一つですが、このコピーを見た人の頭の中に、「他の人と同じことしか考えられない人」と、「人とは違うことを考えることの出来る人」という2つの人間の存在を想起させます。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドフラウド
広告詐欺のこと。 主にインターネット広告におけるものを指す場合が多い。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]