BtoC向けマーケティングオートメーションツール比較【8選】

MAツールの導入を検討した経験はありますか?多すぎる選択肢、複雑な機能にうんざりしたら読んでください。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

MA(マーケティングオートメーション)元年といわれた2014年から数年がたち、MAを導入する企業も年々増えています。
以前は海外からのツールが主流でしたが、日本の製品も少しずつ増え始め、様々な特徴を持ったMAツールが登場しています。
選択肢が増えた分、どのツールにすべきか選ぶのが難しくなっていると思います。MAツールはマーケティング戦略に大きく影響しますが、機能が豊富な分、自社に適切なツールを導入しないと効果も半減するでしょう。

Adobe CampaignはAdobe Marketing Cloudに含まれるBtoC向けのMAツールで、クロスチャネルキャンペーンの最適化を図ることができる。

Adobe CampaignはAdobe Marketing Cloudに含まれるBtoC向けのMAツールで、クロスチャネルキャンペーンの最適化を図ることができる。

 

同じMAといっても、ツールによって特徴が異なり、BtoBかBtoCかなど扱う商材により必要な機能も変わってきます。
実現したいマーケティング施策や運用体制などを考慮し、自社にあうツールを選びたいものです。

今回は、数あるMAツールの中でも、BtoC(消費者向け)ビジネスに向いている機能を持つものを紹介します。
単に機能だけでなく、市場シェアや価格等から選出した8つを紹介するので、MA導入を検討中でしたらぜひ参考にしてください。

  • Aimstar -豊富な分析機能で最適なターゲティング抽出や効果検証が可能
  • Adobe Campaign (Adobe Marketing Cloud) -Adobe製品との連携やシームレスな施策に強みがあるMAツール
  • b→dash -あらゆるデータが一つのプラットフォームで統合
  • HubSpot -インバウンドマーケティングを提唱した元祖MAツール
  • IBM Watson Campaign Automation(Silverpop) -世界最高峰のAIを搭載したMAツール
  • Kairos3 -マーケティングによる行動ニーズ把握と営業活動をつなぐプラットフォーム
  • Oracle Marketing Cloud(Responsys) -あらゆるデータを統合し顧客の姿をとらえる
  • Salesforce Marketing Cloud -セールスフォースが提供する専門ツールが連結されたプラットフォーム

MAツールの導入を検討した経験はありますか?多すぎる選択肢、複雑な機能にうんざりしたら読んでください。

Web担当者の「困った」「あと少し」を解決するWebマーケティングメディア「Grab」
 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]