「購買データの使い方」がQRコード決済の普及のカギ。【マーケティング】

「購買データの使い方」がQRコード決済の普及のカギ。【マーケティング】
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

QRコード決済の乱発が凄まじい勢いである。LINE Pay、PayPay、楽天ペイ、Origami、au PAY、メルペイなどあるが、今後は「セブンペイ」「ファミマペイ」「ヨドペイ」「Bank Pay」などさらに増加する予定になっている。

しかし、このようなサービスの乱発は、利用者からすれば混乱の元でしかない。ただでさえ、QRコード決済について態度を決めきれていないのに、様々なサービスが出てきたところで、どれが一番良いのかなんて決めることは出来ない。世の中がキャッシュレス化になることを理解していたとしても、ある日突然QRコード決済に対する明確な基準や考え方を持てるはずもない。

もちろん、この困惑は、利用者の中に選択する基準がないことが原因ではない。皆さんも感じるだろうが、どのQRコード決済において違いを感じることが出来ないことが利用者を困惑させる大きな原因の1つである。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]