激辛!新版Google TEST MY SITEにどう対応するか

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

表記のコラムがデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。興味がある方はご覧ください。

###
こんにちは。デジタル・ヒュージ・テクノロジー顧問の吉政でございます。

Googleのモバイル速度測定ツールが改訂されました。

Googleは少し前に宣言している通り、PCからの表示環境はカウントせずにモバイル環境で見やすいか、速いかをチェックしています。もうモバイルしか見ないということですね。実際に藻場オイルで速ければPCはさらに速く、モバイルで見やすければPCでも見やすいです。

そこで、GoogleはTEST MY SITEというモバイル環境での表示速度チェックツールを公開していました。Page Speed Insightがページ単位で測定するのに対して、TEST MY SITEはサイト全体をチェックしてくれます。

低速なモバイルサイトは損してますよ!とGoogleは言っています。

Googleにとってみると、検索した先のサイトが遅かったり、見にくかったりすると「へい!Googleさん、とんでもないサイトをリコメンドしてくれたな」という評価を頂くので、Googleにとっては重要なことなのです。

「Googleの評価が下がってもうちには関係ない」

と思う方がいるかもしれませんが、全世界の検索シェア9割のGoogleのツールでペナルティを受けると、検索順位が下がります。日本での検索シェアは95%なので、Google中心に考えてもいいくらいです。

チェックして「遅い」というペナルティを受けてしまった方々へ、私なりの対処法を書きます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2019/04/testmysite/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]