生産性を向上させるマーケティング志向の営業組織の作り方とは?

働き方改革に必要な組織の仕組み
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「働き方改革」が求められ叫ばれて久しいですが、
「売上」「利益」を落とさずに、改革できている企業はどれだけ存在するでしょうか。

当たり前ですが、時間とリソースは常に限られ、環境・条件を変えることは困難です。
そんな中でいかに効率的に営業利益を上げれば良いのでしょう。

結論、生産を上げるしかないようです。

本セミナーは、自立自走型の営業組織を作り出すためのフレームから、営業マンに「自社が売っていくべき価値」を正確に捉えるためにはどうすればよいかを解説します。

貴社の、生産性向上の一助となれば幸いです。

詳しくはこちら

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]