顧客の価値観・考え方に注目するマーケティング

顧客の価値観・考え方に注目するマーケティング
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

マーケティングの教科書によると顧客の「ニーズ」を把握しそれを満たすことが重要であると書かれている。顧客がどんな課題や困難に直面しているのかをまず知ることから始まり、それらを解決することがマーケティングであると言う。

ニーズとは何か?「フィリップ・コトラーの定義によれば、人間生活上必要なある充足感が奪われている状態のこと。(wikipediaより)」だ。例えば、喉が乾いているので水が欲しい状態のことをニーズという。そして、その「ニーズを満たす(特定の)モノをウォンツ (wants) と呼ぶ。(wikipediaより)」例えば、ミネラルウォーターが欲しいはウォンツである。

また、「喉が乾いたので水が欲しい」というニーズを持ったとしても、置かれた状況によってニーズは変化する。結果としてウォンツも変化する。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]