ガートナー社が予測・予言|テクノロジーが変える2020年以降のビジネス

毎年新しいテクノロジーが登場しており、数年前は存在しなかった概念が収益を左右します。ガートナー社の発表から、2020年以降のビジネスを見てみましょう
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「ブロックチェーン」という言葉は、ビットコイン、仮想通貨とともに急激に注目を集めました。

それから数年後の2019年、金融機関にとどまらず、保険業界、政府、ECサイト、民泊事業など、様々な業界で活用が広がっています。

これは、「VR・AR」や「機械学習」「スマートスピーカー」など、いろいろなものに対していえます。「VR・AR」も、当初はゲーム業界で活用されていましたが、今では教育、観光、不動産など活用が広がっています。

もしかしたら、2020年に実用化される「5G」を活用できるかどうかで、その後の生き残りが決まるかもしれません。

 

これからどんな技術が伸びるのか

これは、多くのビジネスパーソンにとって最大の関心ごとではないでしょうか。

世界最大手の調査機関で、数々の技術トレンドの予測を的中させてきたガートナー社が、その返答といってもいい発表がありました。

今回は、ガートナー社の発表「Gartner Symposium/ITxpo 2018」から、未来のテクノロジーに触れてみましょう。

 

続きはWebマーケティング情報メディアGrabの「【テクノロジーで未来を見る】ガートナー社の発表に見る2020年以降のビジネス」をご覧ください。

 

発表されたのは以下の10項目です

  • AIプロジェクトの大半は高スキル保有者のみが実現する
  • AI顔認識機能により、行方不明者は減少する
  • AIにより、救急診療の件数は2,000万件減少する
  • 企業/組織が従業員のSNS行動指針を強化するが、ほぼ失敗する
  • 多様性と受容性を採用した組織の75%が財務目標を上回る
  • パブリック・ブロックチェーンの大半がプライバシー法への準拠を阻害される
  • Cookie使用が削減され、インターネット広告収入は得られなくなる
  • クラウド活用し、実行能力を収益化することが、デジタル化推進の鍵となる
  • デジタル巨大企業の一部が、業界平均40%の世界市場シェアを獲得する
  • セキュリティ侵害などによる利用者への長期的な影響は減少する

詳しくはこちらから

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]