顧客はバーゲンセールをどのように評価する?値引きのマーケティングへの影響を考える。

顧客はバーゲンセールをどのように評価する?値引きのマーケティングへの影響を考える。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

バーゲンセールは、短期ていな売上を伸ばす一方で、長期的な売上を押し下げると言われている。「ブランディングの科学」という本では、バーゲンセールなどは将来の売上の前借りであると断言している。

「バーゲンセール」を前にしたとき、消費者の頭の中では何が起きているのだろうか?
消費者は「バーゲンセール」を目にしたとき、頭の中で「損得の思考枠」がアクティブになると私は考えている。
そして、バーゲンセールが損得の「得」にあたることだと判断する。そのため、多くの消費者を行動させることが可能になっていると考える。

人は、モノゴトを認識するときに「比較軸」を持ち出すことで判断しようとすることは以前の記事でも書いたが、バーゲンセールの場合は「損得の比較軸」によってバーゲンセールを認識していると考える。きっと多くの人が、バーゲンセール=お得と考えるだろう。それは「損得の比較軸」で判断した結果である。

しかし、この「お得なバーゲンセール」が頻繁に実施されると次第に効果がなくなってくる。なぜか?

 

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]