迫り来る2つのインターネットの時代~今後の異文化間コミュニケーション~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。


インターネットがまだひとつしかなかった頃、それは政治、文化、言語の壁を越えて人々をつなぐことで、世界を結びつける役目を果たしました。しかし、最近では米国を本拠とするインターネット巨大企業のグーグル、アップル、アマゾンがインターネット上で余りにも大きな力を持ちすぎているという懸念が広がっています。とくに、中国やロシアなど経済的利益や文化的視点が米国としばしば相反する国では明らかです。

中国はすでに、フェイスブックやグーグルなど多くの米国を本拠とするインターネットのプラットフォームを国内で禁止しています。
そして、中国が国内のインターネットを支配するのもおそらく時間の問題でしょう。
インターネットが二つに分裂するという考え方-ひとつは米国主導、もう一方は中国主導に-は先ごろ、グーグルの前CEOエリック・シュミット氏がその可能性を認めたことで有力な見方となっています。

 

▼続きはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l003_201901.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

nonofo
rel="nofoolow"ではないリンク、つまり通常のリンクのこと。 P ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]