Google for Jobsで何ができる?ユーザーの行動を動画でまるわかり解説!

Google for Jobsがテストクローリングを開始したため、求職者目線で検索から応募までの流れを動画で解説しています。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「Google for Jobsが実装された場合、
どのような検索画面でユーザーが情報を取得するか」
採用マーケティングの観点から、ユーザー動向をいち早く知ることは必要不可欠です。

Google for Jobsにはトップページないため、どのようにGoogle for Jobsへ遷移するのか、
またGoogle for Jobs内での回遊について、求職者の動きを把握しておきましょう。

尚、この動画はGoogleのテスト実装がされた時に撮影しています。
今後日本でリリースの予定があるとされるGoogle for Jobsの画面を表すものではありません。

動画でわかるGoogle for Jobs

以下記事内では、求職者の動向別の目次を見ながら動画を確認できるので

複数のタブを開かずスムーズです。

Google for Jobsで何ができる?ユーザーの行動を動画でまるわかり解説!

 

動画は以下より(youtubeへ遷移します)

【ユーザー動向】Google検索→Google for Jobsへの流入

求職者の動向別で以下の時間を目安に、必要な箇所をご覧ください。

①Google検索から応募ボタンまで使ってみた -応募までの最短ルート-
00:00辺り~1:05辺り

②Google検索から応募ボタンまで使ってみた-Google for Jobs内で求人を調べるルート-
1:05辺り~2:24辺り

③Google for Jobs内の求人原稿を見てみた
2:24辺り~3:40辺り

④フィルター(検索軸)機能と使ってみた
3:40辺り~5:14辺り

⑤ブックマーク機能を使ってみた(英語)
5:14辺り~6:18辺り

⑥アラート機能を使ってみた(日本語版はまだ)
6:18辺り~7:03辺り

⑦【番外編】英語版のたくさんある応募ボタン
7:03辺り~

まとめ

UIがとてもシンプルですね。

このシンプルさを好きかどうかは個人差がわかれると思われますが、

IndeedのシンプルなUIが日本にも受け入れられ結果を出していることから考えますと、仮に日本にGoogle for Jobsが正式実装されたとしても求職者に馴染んでいく可能性が高いと考えます。

 

◆記事:ちょくルートマガジン◆

Google for Jobsで何ができる?ユーザーの行動を動画でまるわかり解説!

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NSFW
Not safe for workの略。直訳すると「職場向けとしては安全ではない ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]