ソーシャルログイン/ID連携サービス「ソーシャルPLUS」と データマーケティングプラットフォーム「b→dash」が連携開始 ~ LINEのユーザーデータとビジネスデータを紐づけ、 LINEを通じたOne to Oneコミュニケーションを効果的に実現~

ソーシャルログイン / ID連携サービス「ソーシャルPLUS」とデータマーケティングプラットフォーム「b→dash」が連携開始!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供するソーシャルログイン / ID連携サービス「ソーシャルPLUS」と、株式会社フロムスクラッチ(所在地:東京都新宿区、代表取締役:安部 泰洋、以下「フロムスクラッチ」)が提供するデータマーケティングプラットフォーム「b→dash」が、連携を開始いたしました。

「b→dash」は、プライベートDMP / DWHをはじめとしたデータ統合機能、LINE配信/SMS配信/MA / CCCM / レコメンド / WEB接客などのデータ活用機能、広告分析/WEB解析/ BIなどのデータ取得・分析機能を網羅するAll in one のマーケティングソリューションです。

この度、フィードフォースが提供する「ソーシャルPLUS」のデータを「b→dash」に連携することで、「b→dash」上で収集したログデータや「b→dash」に連携した顧客に関連するデータと、LINEのユーザーデータを紐づけることができ、LINEを活用した顧客とのOne to Oneコミュニケーションが実現可能となります。 

「ソーシャルPULS」で企業が保有する顧客のIDとLINEアカウントを紐づけ、紐づけの情報を「b→dash」に連携します。「b→dash」上では、Webやモバイルアプリの行動ログ、メールの配信ログや企業から連携された顧客の属性情報、購買情報、アンケート情報を統合して保有しており、「ソーシャルPLUS」のデータを連携して統合することにより、保有しているデータを活用して抽出した細かなセグメントに対してLINEでアプローチすることが可能になります。 

また、LINEでコミュニケーションを行った結果から、さらにメールや広告連携等の別の施策に活用することで、顧客に最適なチャネルを通したコミュニケーションを行うことができ、収益の向上を見込むことができます。 
従来よりも容易にLINEと連携することができ、さらにそれらの連携したデータを活用することができるため、企業のマーケティング担当者は素早くPDCAを回し、より精度の高い施策を実施することが可能になります。 

今後もフィードフォースでは、「ソーシャルPLUS」のソーシャルログイン / ID連携機能の提供を通じて、様々なWebサービスの利便性向上に貢献し、企業が顧客に適切な情報をお届けする橋渡しをすることで、人々の生活がより豊かなものになるようなサービスの提供を目指してまいります。 

また、「b→dash」においては、企業が保有するあらゆるデータを活用し、LINEやメール、広告だけにとどまらず、顧客に最適なチャネルを通してコミュニケーションを行うことで、企業のマーケティング活動における収益の最大化に貢献してまいります。 

LINEログインについて

LINEログインは、Webサイトやアプリにおいて、ユーザーがLINEのアカウント情報を利用して簡単に会員登録やログインができる機能です。

ソーシャルログインとしての機能はもちろん、ユーザーがLINEログインをすることでユーザーの会員IDとLINEアカウントを連携し、同時に企業のLINEアカウントを友だち追加することができ、個別の会員向けにLINEでプッシュメッセージが配信できる仕組みを構築可能にします。
「ソーシャルPLUS」のLINEログインオプション機能を利用することで、各機能の実装や運用にかかるコストを大幅に削減することができます。
・「ソーシャルPLUS」LINEログインオプションについて
https://socialplus.jp/line/

「b→dash」について

「b→dash」は、企業が保有するユーザーデータ・広告データ・購買データなど、マーケティングプロセス上に存在する全てのビジネスデータを、一元的に取得・統合・活用・分析するSaaS型マーケティングソリューションです。 
「統合」:プライベートDMP / DWHほか、「活用」:MA / CCCM / レコメンド / WEB接客ほか、「分析」:アナリティクス / BIほかをはじめとして、あらゆる機能をオールインワンで搭載しています。 
・b→dashについて 
https://bdash-marketing.com/

「ソーシャルPLUS」について

「ソーシャルPLUS」は、ソーシャルログイン機能を既存のWebサイトに簡単かつ安価に導入できるサービスです。LINEやFacebook、Yahoo! JAPAN、楽天など、複数のプラットフォームに対応しています。

また「ソーシャルPLUS」のLINEログインオプションは、企業のLINEアカウントと連動するLINEログインをはじめ、自動友だち追加機能やMessaging API等、LINEを活用した顧客とのOne to Oneコミュニケーションに必要となる各種機能の導入にも対応しています。

さらに「ソーシャルPLUS」が提供するメッセージマネージャーでは、特定のユーザーに対し、ブラウザ上の操作で簡単にメッセージの送信が可能で、通常のLINEのように1:1でトークする事が可能となる「カスタマーサポート」機能も提供しています。LINEを通じた顧客からの問い合わせや予約受付といった個別対応に活用でき、ユーザーの利便性が大きく向上します。
・ソーシャルPLUSについて
https://socialplus.jp/

 

【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/

<本件に関するお問い合わせ先> 

株式会社フィードフォース 
担当:深谷、金井
TEL:03-5846-7016  
FAX:03-3834-7666 (受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く) 
URL:https://www.feedforce.jp/
E-mail:pr@feedforce.jp

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]