Webサイトが重くなりGoogleからペナルティが。そんな時に対処するべき2つの方法

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

私が鈴与シンワートで連載しているコラムの最新号が掲載されました。

「Webサイトが重くなりGoogleからペナルティが。そんな時に対処するべき2つの方法」

興味がある方はご覧ください。

###
みなさん、こんにちは。鈴与シンワートでマーケティングアドバイザーをしている吉政(よしまさ)と申します。

さて、Googleの検索順位を考えた際に、コンテンツの良さも大事ですが、表示速度が遅いとペナルティが課されるようになりました。

以下のGoogle TEST MY SITEでチェックすると、Googleの基準を満たしているかがすぐにわかります。

このツールでチェックして「要改善」になるとペナルティということになり、良いコンテンツを公開していても、表示が遅いとGoogle利用者の満足度が下がるので、検索順位が上がりにくくなります。

そこで、高速化を図ろう!と、一般的に以下の方法がとられますが、実際効果は出ませんよね。

対策1)クラウドスペックを上げる
対策2)キャッシュを強化する

表示速度を上げるには、単純に遅くなっているボトルネックを改善する必要があります。
上記の二つを行っても実際にそれほど速くならないかと思います。

そこで、以下の二つの対策をお勧めします。

対策3)KUSANAGIを採用する
対策4)軽いテーマに変えてみる

対策3のKUSANAGIはCMSやPHP系のWebを使用している場合、劇的に速くなります。それはCMSやPHP向けにチューニングされているからです。このコラムを掲載いただいている鈴与シンワートのS-Port Cloudをはじめとする国内外の主要クラウドで標準的に動作します。
また、KUSANAGIは、公開開始から3年間で2万代の構築実績があるOSSの超高速CMS実行環境です。まだの方は導入をお勧めします。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/yo_column44/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

3Eトラップ
「どのチャネルでも、だれにでも、すべてを提供しようと、過剰に投資してしまう」失敗 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]