訪日ビジネスを考える~翻訳者を正しく理解して使うには?~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。


品質の高い、伝わる原稿を作るには」というテーマで日本語の奥深さ故の翻訳の難易度に触れましたが、そもそも皆様“翻訳者は何をする人なのか”について正しく理解されていますでしょうか?
英語ネイティブ≠英文コピーライター」という記事で具体的に触れていますが、“日本語原稿を翻訳者に渡せば、後は良きに計らってくれる”という感覚で依頼をしては、絶対にいけません。

結論から言えば、『翻訳者は文章を忠実に翻訳先の言語に置き換える』ことが唯一の仕事です。
つまり、“現地の方に読みやすい文体にアレンジ”、“ニュアンスをくみ取って表現”、“日本語原稿を要約して翻訳”などを期待するのは、完全な間違いだと言うことを念頭に置いておく必要があります。

 

▼続きはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w001_201810.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]