AIは顧客セグメントの作成に大きな進化をもたらす。

AIは顧客セグメントの作成に大きな進化をもたらす。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

あなたの会社の顧客セグメントはおそらく次の4つのデータのいずれかを軸として用いて区分しているはずです。

(1)属性データ(年代、性別、住所など)
(2)意向データ(アンケート回答の内容など)
(3)行動データ(購入履歴、購入頻度、サイトアクセス履歴など)
(4)上記3の情報を統計分析したデータ(主成分分析、クラスター分析など)

一般的には(1)(2)(3)のデータを用いて顧客セグメントをする企業が多いと思います。しかし中には、社内に統計分析専門の社員がいるような一部の企業においては(4)の統計分析をしたデータをもとに顧客セグメントを作成している企業もあると思います。

また、当然ですが(4)の統計分析したデータによって顧客セグメントした方が高度であり有益な顧客セグメントが出来る可能性が高くなります。なぜなら、(1)(2)(3)のようなデータで顧客セグメントしても各セグメント内の人たちが同じような行動するわけではないからです。

分かりやすく言えば、昔なら「年代」のデータによってセグメントすれば大体同じような思考と行動をする人を抽出することが出来たのですが、現在では「年代」でセグメントしたところで同じような思考と行動をする人を抽出することは出来ないということです。「年代」でセグメントしてもその中には様々な思考を持った人が存在し様々な行動をする人たちが含まれ「年代」でセグメントしても有益な施策に結び付けられなくなったからです。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

HCI
人間が使用するための対話型システムのデザイン、評価、実装に関連し、それら周辺の主 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]