レスポンス広告の極意 第4回:売る仕組みにおけるレスポンス広告の役割とレスポンスの意味①

レスポンス率が2倍、3倍以上に跳ね上がったのに、失敗とは??2つの事例から学べます
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

さまざまなレスポンス広告に携わってきた後藤一喜氏による連載の第4回。

今回は、レスポンスを数だけで評価してはならないということについて、二つの失敗事例から解説します。
『レスポンス価値とは、その広告に対するレスポンスの"数×質"によって評価される。』その質とはどのように考えていくべきなのか?具体的な失敗事例を2つ例示しながら説明していますので、よりレスポンス広告への理解を深めことが出来るでしょう。どうぞご覧ください。

記事はこちらからご覧いただけます

https://www.dentsu-west-j.co.jp/areashi/%E5%A3%B2%E3%82%8B%E4%BB%95%E7%B...

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]