これだけは押さえたい!海外向けWebサイト制作のポイント 8選~前編~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

海外向けのWebサイト制作で大切なのは、日本人視点の発想や好みではなく、海外のユーザーが求める情報やデザインを理解し、コンテンツに落とし込んでいくこと。今回は、海外向けのWebサイトの制作ポイント8選をご紹介します。これからサイト制作を予定されている方々のお役に立てれば幸いです。
それでは、行ってみましょう!

-----------------------

目次(前半)

1.細かい数字は読まれない
2.同じコピーの繰り返しは嫌われる
3.ユーザーが操作できない仕掛けは避けた方がよい
4.グローバルメニューは少ない数でシンプルにまとめる

-----------------------
 

▼詳しくはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l002_201808.html
 


 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

なりすまし
ネットワーク上で他人に“なりすまし”て活動すること。「spoofing」と英語表 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]