『FGO』、リリース後3年ぶりにモンストを超え、1位にランクイン

2018年上半期モバイルゲーム売上トップ10
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

2018年上半期(1月~6月)の個別タイトルの売上1位~10を分析しました。売上1位は『Fate/Grand Oder(以下、FGO)』でした。

『FGO』は 2015年8月12日リリース後、3年ぶりに不動の1位 『モンスターストライク(以下、モンスト)』の超え、2018年上半期、売上1位に輝き、2017年上半期売上、491億円から578億円に売上が伸びました。

『モンストは』 2017年上半期売上1位でしたが、 (売上高: 623億円) 今年上半期の売上は576億円で、売上2位になりました。
 

 

6位~10位では新しくランクインされたタイトルの躍進が注目を浴びました。『荒野行動-『Knives Out』』が7位『Pokemon GO』が8位『リネージュ2レボリューション』が10位に登場しました。

一方、2017年上半期に売上7位だった『アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ』、9位の『ファイアーエムブレム』、10位の「LINEポコポコ」の場合、10位以内にランクインできませんでした。

 

モバイルゲームをサービスしているパブリッシャーの売上を分析しました。2018年上半期売上1位のパブリッシャーはAniplexで、641億円の売上を記録しました。

昨年同期売上2位だったAniplexは主要タイトル『FGO』の売上増加の影響により、売上が伸びました。2位のパブリッシャーはXFLAGで売上高、576円になりました。

 

 

NetEase Gamesはパブリッシャー売上6位~10位で一番存在感を出していました。同社は2018年上半期パブリッシャー売上ランキング9位を記録、主要タイトル『荒野行動』のブレイクがこの成長を支えました。

一方2017年上半期パブリッシャーランキング9位だったDeNAは10位以内にランキングできませんでした。

 *目次

<2018年上半期モバイルゲーム売上トップ10>

1. 2017年上半期 VS 2018年上半期の売上比較

2. 2018年上半期パブリッシャー売上TOP10

3. 2018年上半期のモバイルゲーム売上TOP10 

 

 

詳細は下記のリンクからご覧になれます。

http://www.mobileindex.com/report/report_view.asp?s=51

 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

RSSAC
ICANN(The Internet Corporation for Assig ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]